木こりの歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

木こりの歌」(The Lumberjack Song)はテレビ番組空飛ぶモンティ・パイソン』第1シリーズ第9話の中で放送されたスケッチ、およびスケッチ内に登場する歌である。その後、モンティ・パイソンにより何度も使用されていて(テレビ、映画、舞台とLP)、またその都度違う始まり方であり内容は若干違う。

歌としての「木こりの歌」はモンティ・パイソンのメンバーであるテリー・ジョーンズマイケル・ペイリンにより作詞され、音楽家のフレッド・トムリンソンにより作曲されている。

スケッチの内容[編集]

共通のテーマは男役(マイケル・ペイリン)が彼の仕事に満足できず、「僕はこの仕事はしたくなかったんだ。僕は…木こりになりたかったんだ!」と打ち明ける。そして彼は熱狂的に木こりの生活の素晴らしさを伝えようとする。「木々を飛び越え…」など。

それから彼は着ていたシャツを脱ぎ、赤いフランネルの木こりらしいシャツを露にする。そしてステージ背景に松の森が出現、木こりである事の素晴らしさについて歌いはじめる。なんとカナダの騎馬警察の装いをした男性の歌い手の集団(モンティ・パイソンのメンバーの他、パイソンズと頻繁に仕事をした合唱グループで、曲の作曲者であるトムリンソン率いる「フレッド・トムリンソン・シンガーズ」も参加している)のバックコーラスまで登場。

歌が続くに従って、最初はまともな木こりを歌っていたが、興奮してきた木こりは段々と女装趣味を露呈してくる(「女装して夜のバーをうろつく」、「ハイヒール、サスペンダーにブラつけて」、など)。騎馬警察隊を困惑させ、ついにはかれらは愛想を尽かして退場してしまう。

TV版『空飛ぶモンティパイソン』のスケッチにおける歌詞では、男は母親に憧れて女装を行っているが、その後のモンティ・パイソンによる映画や舞台での歌詞では、(オカマの)父親に憧れて女装を行う、という歌詞へと変遷している。スケッチの続きでは、そのスケッチに激怒した男が「知り合いの木こりにはその手の趣味はそんなにいない」、と抗議文を送っている)。モンティ・パイソンは「オカマ」がよく語られる(オカマの軍人、裁判官、サッカー選手など)。

その後の「木こりの歌」[編集]

そのテンポの良さと、歌詞の面白さからモンティ・パイソンが歌った歌のなかでも取り分け有名になった。『空飛ぶモンティ・パイソン ドイツ版』でペイリンはこの曲をドイツ語で歌唱している(騎馬警察はオーストリア国境警察に変更され、木こりのあこがれの対象も母ではなくヴァルター叔父さんである)。映画『モンティ・パイソン・アンド・ナウ』では『死んだオウム』の店員が木こりになった。

モンティ・パイソン・ライブ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』のラストでも演じられた。このときはなぜか木こりをペイリンではなくエリック・アイドルが演じた。

最近では、元ビートルズのメンバー、ジョージ・ハリスンの一周忌追悼コンサート「コンサート・フォー・ジョージ」(2002年)で同曲をペイリンが披露している。同コンサートでは、バックコーラスの森林警備隊役でパイソンズの他アメリカ人俳優のトム・ハンクスが一日限りの特別メンバーとして参加している。

ライフ・オブ・ブライアン』を元にしたコメディオペラ『ノット・ザ・メシア』(2009年)のラストでも、物語とは関係なく演じられた。ピラト総督役のペイリンが突然服を脱ぎすてこの曲を歌った。