持田盛二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
持田 盛二
生誕 1885年1月26日
群馬県勢多郡下川淵村
死没 1974年2月9日(満89歳没)
記念碑 持田盛二先生頌徳碑(前橋市
国籍 日本の旗 日本
別名 :邦良
出身校 大日本武徳会武術教員養成所
流派 法神流北辰一刀流
肩書き 剣道範士十段
受賞 勲三等旭日中綬章
紫綬褒章
警察功績章
大日本武徳会一等有功章
全日本剣道連盟剣道殿堂顕彰
テンプレートを表示

持田 盛二(もちだ もりじ / せいじ[注釈 1]1885年明治18年)1月26日 - 1974年昭和49年)2月9日)は、日本剣道家。段位範士十段。「昭和の剣聖」と称される剣道家の一人。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

先祖は戦国時代武士・持田監物。監物は上泉信綱らと共に上野国箕輪城主・長野業正に仕え、後に帰農した。盛二の父・持田善作は、法神流剣法第4代継承者・根井行雄の高弟で、免許皆伝の腕前を持ち、群馬県勢多郡下川淵村の自宅に道場を設けて門人を指南していた。父の指南を受けた盛二は17歳のとき上京し、中山博道有信館高野佐三郎明信館で短期修行する。

武術教員養成所[編集]

大日本武徳会群馬支部が設立されると最初の入門生となり、大日本武徳会本部教授内藤高治の強い勧めで武術教員養成所に第1期生として入所した。徹底した基本動作、切り返しの練習を経て、足がらみ、強烈な突き技のある厳しい稽古で鍛えられる。武術教員養成所の修了基準である四級に早々と合格し、2年の修業年限を待たずに卒業した。同所では堀正平大島治喜太と並び「三勇士」と謳われた。

昭和天覧試合優勝[編集]

26歳で精錬証、34歳で教士、42才の若さで範士に昇進し、京都府警察部剣道教師、千葉県警察部剣道師範、東京高等師範学校講師、朝鮮総督府警務局剣道師範を歴任する。

朝鮮総督府警務局在職時の1929年(昭和4年)、天覧試合に出場し、予選リーグで大島治喜太、納富五雄、大沢藤四郎を、準々決勝で古賀恒吉、準決勝で植田平太郎、決勝で高野茂義を破って優勝した。持田の名声は全国に響き渡り、中央に迎えられ、講談社野間道場を中心に、警視庁皇宮警察陸軍戸山学校学習院中等科・高等科慶應義塾大学第一高等学校などの師範を務めた。後に警視庁から名誉師範の称号を授与されている。

剣道十段授与[編集]

1957年(昭和32年)、全日本剣道連盟から剣道十段を授与される。先人さえ貰わなかった段位は受け取れないとして固辞したが、連盟の懇望により受領した。1964年(昭和39年)、東京オリンピックデモンストレーションとして斎村五郎と共に日本剣道形を演武した。

温厚、高潔な人柄で知られ、目下の者や講談社の少年部社員に対しても「さん」付けで呼び丁寧に応対した。また、生活は質素で、生涯を借家で暮らした。座右の銘は「剣徳正世(剣徳世を正す)」。強さと気品を兼ね備えていることから、「昭和の剣聖」と称された。

晩年[編集]

80歳を過ぎても稽古を続け、現役選手を寄せ付けなかったといわれる。盛二が80歳のときに初めて稽古した舩坂弘(剣道教士六段)は、自著『昭和の剣聖・持田盛二』において「不思議であった。範士の前で竹刀を構えてからまだわずかの時間しか経過していないのに、私の顔面には汗がしたたり落ち、全身が熱くなっていた。息はもう途切れはじめていた…」と述べ、太刀打ちできなかったと証言している。

年表[編集]

遺訓[編集]

  • 私は剣道の基礎を体で覚えるのに五十年かかった。
  • 私の剣道は五十を過ぎてから本当の修行に入った。心で剣道しようとしたからである。
  • 六十歳になると足腰が弱くなる。この弱さを補うのは心である。心を働かして弱点を強くするように努めた。
  • 七十歳になると身体全体が弱くなる。こんどは心を動かさない修行をした。心が動かなくなれば、相手の心がこちらの鏡に映ってくる。心を静かに動かされないよう努めた。
  • 八十歳になると心は動かなくなった。だが時々雑念が入る。心の中に雑念を入れないように修行している。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「せいじ」と読んでいる資料もある。有職読みも参照。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 舩坂弘『昭和の剣聖・持田盛二』、講談社
  • 庄子宗光『剣道百年』、時事通信社
  • 昭和天覧試合』(DVD)、クエスト
  • 『昭和の剣豪』(DVD)、クエスト
  • 『美と栄光の剣士たち』(DVD)、クエスト
  • 『剣聖と極意 日本剣道形』(DVD)、クエスト
  • 『時代をつなぐ剣の道 剣道殿堂顕彰者 その足跡と功績』(DVD)、全日本剣道連盟

外部リンク[編集]