戦うか逃げるか反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

闘争・逃走反応(とうそう・とうそうはんのう、英語: fight-or-flight response)は、1929年ウォルター・B・キャノンによって初めて提唱された動物恐怖への反応である[1][2][3]闘争か逃走か反応戦うか逃げるか反応ともいい、戦うか逃げるかすくむか反応(fight-or-flight-or-freeze response)、過剰反応(hyperarousal)、急性ストレス反応(acute stress response)とされることもある。

キャノンの説によると、動物は恐怖に反応して交感神経系の神経インパルスを発し、自身に戦うか逃げるかを差し迫るという。この反応は、脊椎動物あるいはその他の生物ストレス反応を引き起こす一般適応症候群の初期段階として後に知られるようになった。

脚注[編集]

  1. ^ harvardsquarelibrary: W. B. Cannon Bodily Changes in Pain, Hunger, Fear and Rage: An Account of Recent Researches into the Function of Emotional Excitement, Appleton, New York, 1915
  2. ^ Cannon, Walter (1929). Bodily changes in pain, hunger, fear, and rage. New York: Appleton. 
  3. ^ Bracha, H.S. et. al. (2004). Does "Fight or Flight" Need Updating? in Psychosomatics, 45:448-449, October 2004.

外部リンク[編集]