視床下部-下垂体-副腎系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

視床下部-下垂体-副腎系(ししょうかぶ-かすいたい-ふくじんけい、: hypothalamic-pituitary-adrenal axis)は、ストレス応答や免疫摂食睡眠情動繁殖性行動、エネルギー代謝などを含む多くの体内活動に関して、視床下部下垂体副腎の間でフィードバックのある相互作用を行い制御している神経内分泌系HPA軸(HPAじく)ともいう。

サーカディアンリズムとも関係する。

疾患[編集]

HPA軸の代表的な疾患には以下のものがある。

疾患名 疾患部
疾患組織 ホルモン
急性副腎不全 副腎皮質 副腎皮質ホルモン分泌低下
アジソン病 副腎皮質 副腎皮質ホルモン分泌低下
クッシング症候群 副腎皮質 糖質コルチコイド分泌過剰

その他、HPA軸と関連があるとされる疾患には以下のものがあり、いずれもコルチゾール値が高いと報告されている。

うつ病[1]糖尿病[2]メタボリック症候群[3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

副腎髄質 - ノルアドレナリンアドレナリン
副腎皮質 - 糖質コルチコイド鉱質コルチコイド