広面ショッピングセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
広面ショッピングセンター
Hiroomote Shopping Center
広面ショッピングセンター 店舗外観
広面ショッピングセンター 店舗外観
店舗概要
正式名称 広面ショッピングセンター
所在地 010-0041
秋田県秋田市広面字蓮沼50-1外
北緯39度43分51.5秒東経140度8分45.8秒座標: 北緯39度43分51.5秒 東経140度8分45.8秒
開業日 1995年11月30日
施設所有者 ホーマック
施設管理者 ホーマック
商業施設面積 6,428m²
中核店舗 ホーマック広面北店
マックスバリュ広面店
店舗数 9店舗
駐車台数 455台

広面ショッピングセンター(ひろおもてショッピングセンター)は、秋田県秋田市広面字蓮沼にあるショッピングセンターホーマックが管理・運営している。

概要[編集]

秋田県道41号秋田昭和線(都市計画道路横山金足線)沿いの農地に、当時秋田市に本社を置いていたイシグロジャスコがショッピングセンターを開発[1]1995年8月にイシグロジャスコは石黒ホーマやメイクと合併しホーマックが誕生。開発もホーマックが継承。1995年11月に「メガマート広面店」と「ウエルマート広面店」を核店舗とする「広面ショッピングセンター」がオープンした。

「メガマート広面店」は、運営しているホーマックが「メガマートブランド」から「ホーマックブランド」に転換したため、当ショッピングセンター内にある「メガマート広面店」は「ホーマック広面北店」に改称。また、秋田市広面字鍋沼にある「メイク広面店」は「ホーマック広面店」に改称した。

マックスバリュ東北が運営するもう1つの核テナント「ウエルマート広面店」は、2001年に業態転換し「マックスバリュ広面店」になった。

広面チャンスセンター[編集]

広面ショッピングセンターの中で一番有名なのが、エヌエヌシー秋田支店が運営する宝くじ売場「広面チャンスセンター」である。建設の際、土台のモルタルが生乾きの状態のときにが歩いてしまい、土台には猫の足跡が売場方向に14個残ってしまった。しかし、招き猫イメージキャラクターであったことなどから、手直しをせずそのまま足跡を残し1995年に開設した。

開設時から毎年高額当選者が出たため、幸運を招く猫として全国の宝くじ愛好者から注目を集め、高額当選宝くじの発売日には、広面チャンスセンター前には宝くじを買い求める人で長蛇の列になる。また、発売初日には地元の報道機関のほとんどが、当チャンスセンターを取材するまでになった。

それまでの発売当日の取材拠点は、第一勧業銀行秋田支店(後のみずほ銀行秋田支店)宝くじ売場であった。

沿革[編集]

テナント[編集]

  • ホーマック広面北店【営業時間9:00 - 21:00】
  • マックスバリュ広面店【24時間営業】
  • ATMコーナー
    • 秋田銀行広面支店マックスバリュ広面店出張所【営業時間 平日9:00 - 21:00、土・日・祝祭日9:00 - 19:00】
    • 北都銀行本店営業部マックスバリュ広面店出張所【営業時間 平日9:00 - 21:00、土・日・祝祭日9:00 - 19:00】
  • ながやまクリーニングマックスバリュ広面店
  • 広面チャンスセンター
  • やまや広面店【営業時間9:00 - 21:00】
  • 佐野薬局広面店【営業時間 月〜土9:00 - 20:00、日・祝祭日10:00 - 20:00】
    • ドコモショップ秋田広面店[3]【営業時間10:00 - 19:00】
    • Hair make picasso【営業時間10:00 - 20:00】
  • 和処ダイニング暖や秋田大学病院前店【営業時間11:30 - 15:00、17:00 - 24:00】

アクセス[編集]

自家用車[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「秋田市広面に大型店を建設」『秋田魁新報』1994年4月14日付朝刊。
  2. ^ 旧・鎌田会館1階にあった北海道東北地方の第1号店「ミスタードーナツ秋田ショップ」が移転、改称したもの。
  3. ^ 秋田市広面字樋ノ沖にあった「ドコモランド秋田広面店」が移転、改称したもの。

関連項目[編集]