平木駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平木駅
駅舎
駅舎
ひらぎ - Hiragi
N11 農学部前 (0.5km)
(0.6km) 学園通り N13
所在地 香川県木田郡三木町大字平木113番地2
駅番号  N12 
所属事業者 高松琴平電気鉄道
所属路線 長尾線
キロ程 10.9km(瓦町起点)
高松築港から12.6km
駅構造 地上駅
ホーム 相対式2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,378人/日
-2001年[1]-
開業年月日 1912年明治45年)4月30日
備考 無人駅
平木駅配線図

農学部前駅

STR
ABZg2 ÜWc3
ÜWo+r ENDEa
STR
STR+BSr STR+BSl STR
STR
BUILDING
STR
STR
ÜWor
STR ABZg+1 ÜWc4
ÜWor
ABZg+1 ÜWc4
STR

学園通り駅

構内 学園通り方踏切より 踏切が構内踏切と近いため通行禁止標識がある
構内 農学部前方より
駅前

平木駅(ひらぎえき)は、香川県木田郡三木町大字平木にある高松琴平電気鉄道長尾線である。

かつては三木町における中心駅であり、高松電気軌道(ことでんの前身3社の一つ)時代の発電装置や引込み線も据えられていた。その名残は現在も駅構内に見ることができる。また、それらの事情から以前のコトデン体制においては長尾線における最終終着駅である長尾駅以外の終着駅のひとつであった。

現在、三木町内における中心駅としての機能は学園通り駅に取って代わられ、またことでん(新体制)下においても終着駅としての重要性は薄まりつつある。

駅構造[編集]

のりば
1 長尾線 高田・瓦町・高松築港方面
2 長尾線 長尾方面

切符販売[編集]

  • コトデン(旧体制)時代は有人駅であった。
  • 有人駅でありながら以前は駅前(写真の自転車置き場の向かって右側)にあったタバコ屋にて乗車券が販売されていた(現在、タバコ屋は別店舗に変わり、乗車券販売は行われていない)。
  • ことでんが新体制となった事で無人駅となり、現在はIruCa簡単改札機と自動券売機が置かれている。
  • 有人駅であった頃の名残を現在も駅舎施設として見ることができる。
  • 無人化された現在も途中下車指定駅である。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

周辺廃駅[編集]

1934年に廃止。平木駅より長尾側へ290m進んだ場所(新川鉄橋西詰・平木堤防踏切北西側)にあった。

隣の駅[編集]

高松琴平電気鉄道
長尾線
農学部前駅 - 平木駅 - 妙徳寺駅 - 学園通り駅

参考文献[編集]

  1. ^ ことでん各駅カルテ 主要駅及び周辺の実態把握調査 (PDF)”. ことでんを核とした公共交通活性化委員会事務局 (2003年2月13日). 2006年6月1日閲覧。[リンク切れ]

関連項目[編集]