川奈駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川奈駅
川奈駅(2008年11月)
川奈駅(2008年11月)
かわな - Kawana
南伊東 (4.1km)
(5.4km) 富戸
所在地 静岡県伊東市川奈1215-7
所属事業者 伊豆急行
所属路線 伊豆急行線
キロ程 6.1km(伊東起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,659人/日
-2007年度-
開業年月日 1961年昭和36年)12月10日
備考 終日駅員配置駅(早朝は窓口閉鎖)
天窓があり、明るい改札口(2007/03)
ホーム(2004/08)

川奈駅(かわなえき)は、静岡県伊東市川奈1215-7にある、伊豆急行伊豆急行線である。

普通列車のみ停車する駅だが、フジサンケイレディスクラシック開催日には、一部の特急が停車する。

概要[編集]

当初は川奈ホテル付近に設置することも検討されたが、川奈集落へ至る道に面した現在の場所に建設された。

開業時周囲にはほとんど建物が無かったが、国道135号が近くを走っていることや、伊東駅まで2駅という利便性から徐々に宅地化が進んだ。また店舗併設駅舎への改築やユニー伊東店(現・アピタ伊東店)の開業などの影響もあって、現在では伊東のベッドタウンとなった。

駅舎[編集]

現在の駅舎は1980年代に建設されたもので、2代目にあたる。

伊豆急行線の特急通過駅としては珍しく、食料品スーパー(東急ストア)や金融機関(三島信用金庫)などが駅舎に併設されている。駅前に伊豆急東海タクシーの乗り場がある。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅

開業時、ホームと駅舎は構内踏切で結ばれていたが、駅舎改築時に構内踏み切りは廃止され地下道が新設された。また、この際にホーム上屋も延伸されている。トイレは1番ホーム上にある。ホームの富戸寄りには、椿ツツジが多数植えられている。

のりば
1 伊豆急行線 主に伊豆高原伊豆熱川伊豆稲取河津伊豆急下田方面
2 伊豆急行線 主に伊東熱海方面
  • 一線スルー化されているため(2番線が本線)、通過列車がある場合は発着ホームが変更になる。そのため、信号機は1、2番線とも上下両側に設置されている。
  • 通過列車のほとんどは、上下どちらとも2番線を通る。
  • 一部の特急列車は、当駅で列車交換をする。(季節によって客扱いをする列車もわずかながら存在している。)

構内[編集]

  • SuicaおよびSuicaと相互利用可能なICカード(PASMO等)は、伊豆急行線内全駅で利用可能であり、当駅を含む一部の駅には簡易チャージ機も設置されている。

利用状況[編集]

  • 2007年度の1日平均乗降人員は1,659人(静岡県統計年鑑による)

駅周辺[編集]

周囲には住宅地が広がっている。観光スポットは車で5分程度の距離に散在している。

路線バス[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
川奈駅     川奈ホテル・松ヶ崎・城ヶ崎口 伊豆海洋公園 伊豆東海バス
    川奈港 伊豆東海バス
    逆川・伊東高校 伊東駅 伊豆東海バス

※ 徒歩10分の川奈口停留所から伊豆ぐらんぱる公園・伊豆シャボテン公園・一碧湖方面へのバスあり。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

伊豆急行
伊豆急行線
南伊東駅 - 川奈駅 - 富戸駅

関連項目[編集]