岩崎俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岩崎 俊一(いわさき しゅんいち、1926年8月3日 - )は日本工学者東北工業大学理事長

人物[編集]

専門は電気工学で、情報の磁気記録が主な研究分野である。垂直磁気記録方式の提唱者として知られる。垂直磁気記録方式はMS-DOSが発売される直前の1977年にはすでに発明されていた技術で、垂直磁気記録方式のHDDWindows XPMac OS Xが最先端の時代であった2005年に東芝で初めて採用された。3.5インチHDDで1TBの記録容量実現に貢献した。IEEEから何回か賞を授与されており、中国蘭州大学から名誉教授称号を授与されている。

来歴[編集]

  • 1926年 福島県郡山市生まれ
  • 1949年 東北大学工学部通信工学科卒業、東京通信工業株式会社(現ソニー)入社
  • 1951年 東北大学電気通信研究所 助手
  • 1958年 東北大学電気通信研究所 助教授
  • 1959年 工学博士(東北大学)の学位授与(論文「磁気録音に関する研究」)
  • 1964年 東北大学電気通信研究所 教授
  • 1976年 日本学術振興会磁気記録第144委員会委員長( - 現在)
  • 1979年 テレビジョン学会副会長( - 1981年)、学術審議会専門委員(科学研究費分科会)( ― 1981年)
  • 1983年 日本応用磁気学会副会長( - 1985年)
  • 1985年 1987年国際応用磁気会議組織委員長( - 1987年)
  • 1986年 東北大学電気通信研究所所長、東北大学評議員
  • 1987年 学術審議会専門委員(特定研究領域推進分科会)
  • 1988年 電子情報通信学会名誉員、電気学会名誉員、中国蘭州大学校名誉教授
  • 1989年 東北大学退職。東北工業大学学長、東北大学名誉教授、日本応用磁気学会会長( - 1991年)、テレビジョン学会名誉会員
  • 1990年 日本音響学会名誉会員、日本学術振興会協力会理事、同評議員( - 1996年)
  • 1991年 日本応用磁気学会名誉会員、文部省宇宙科学研究所評議員( - 1997年)、日本学術会議第15期会員(第5部)( - 1994年)
  • 1992年 東北工業大学大学院工学研究科長( - 現在)
  • 1993年 文部省統計数理研究所評議員( - 1997年)
  • 1994年 宮中「講書始の儀」における進講者をつとめる(表題:「磁気と情報」)
  • 1994年 日本学術会議第16期会員(第5部)( - 1997年)
  • 1997年 日本学術会議第17期会員(第5部)( - 2000年)
  • 1998年 日本学術振興会協力会評議員( - 2000年)
  • 1999年 中国ハルビン工業大学名誉教授
  • 2001年 中国超旬光学精密機械学院名誉教授
  • 2003年 日本学士院会員
  • 2004年 東北工業大学 理事長・学長。大学院の設置、新学科の設立、ハイテクリサーチセンターの創設、キャンパスの整備などに尽力。
  • 2008年 東北工業大学 理事長・名誉学長( - 現在)

受賞歴[編集]

  • 1955年 電気学会 論文賞
  • 1957年 電子通信学会 稲田記念賞
  • 1960年 電子通信学会 岡部記念賞
  • 1963年 日本音響学会 佐藤論文賞
  • 1969年 テレビジョン学会 丹羽・高柳記念業績賞
  • 1973年 電子通信学会 論文賞
  • 1977年 服部報公会 報公賞
  • 1979年 電子通信学会 業績賞
  • 1983年 テレビジョン学会 丹羽・高柳記念功績賞
  • 1984年 IEEEフェロー(アメリカ合衆国電気電子学会)(高密度磁気記録技術の開発における優れた貢献)、東レ科学技術賞(東レ科学振興会)
  • 1985年 日本応用磁気学会 論文賞
  • 1986年 藤原賞(藤原科学財団)、日本応用磁気学会 学会賞
  • 1987年 日本学士院賞(高密度磁気記録の研究により学術の進歩に著しい貢献)、文化功労賞顕彰
(コンピュータなどに使われる磁気テープ、ディスクの磁気記録方式を高密度化する研究で優れた業績)
  • 1988年 IEEE コンピュータソサエティー
(アメリカ合衆国電気電子学会)Technical Achievement Award
(高密度磁気記録に大きな貢献をした学術業績賞)
  • 1988年 科学技術庁長官賞(科学技術功労者)(垂直磁気記録方式の研究開発)、中国蘭州大学校 名誉教授称号授与
  • 1989年 IEEE Fields Award(アメリカ合衆国電気電子学会フィールズ賞)、Cledo Brunetti Award(クレド・ブルネッティ賞)(磁気記録システムの小型化に対する優れた貢献)
  • 1989年 電子情報通信学会 功績賞
  • 1990年 河北文化賞(河北文化事業団)
  • 1993年 C&C賞(財団法人C&C振興財団
  • 1996年 高柳記念賞(高柳記念電子科学技術振興財団)
  • 2002年 IEEE マグネティックスソサエティー(アメリカ合衆国電気電子学会)、Achievement Award 2002
(磁気記録産業と垂直磁気記録に対する優れた貢献)
  • 2010年 日本国際賞「工業生産・生産技術」分野(垂直磁気記録方式の開発による高密度磁気記録技術への貢献)
  • 2014年 ベンジャミン・フランクリン・メダル

叙勲[編集]

外部リンク[編集]

オフィシャルサイト:1977年の私の発明である『垂直磁気記録方式』が社会へ(2007年7月30日)