尾崎放哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

尾崎 放哉(おざき ほうさい、本名: 尾崎 秀雄(おざき ひでお)、1885年(明治18年)1月20日 - 1926年(大正15年)4月7日)は、日本俳人種田山頭火らと並び、自由律俳句の最も著名な俳人の一人である。

概略[編集]

東京帝国大学(現在の東京大学法学部を卒業後、東洋生命に就職し、東洋生命保険大阪支店次長を務めるなど、出世コースを進み、豪奢な生活を送っていたエリートでありながら、突然、それまでの生活を捨て、無所有を信条とする一燈園に住まい、俳句三昧の生活に入る。その後、寺男で糊口(ここう)をしのぎながら、最後は小豆島の庵寺で極貧の中、ただひたすら自然と一体となる安住の日を待ちながら、俳句を作る人生を送った。クセのある性格から周囲とのトラブルも多く、その気ままな暮らしぶりから「今一休」と称された。その自由で力強い句は高い評価を得、代表的な句に、「咳をしても一人」などがある。[1][2]

年譜[編集]

終焉の地「南郷庵」
(現小豆島尾崎放哉記念館

人物・エピソード[編集]

季語を含まず、五・七・五の定型に縛られない自由律俳句の代表的俳人として、種田山頭火と並び称される。旅を続けて句を詠んだの山頭火に対し、放哉の作風はの中に無常観と諧謔性、そして洒脱味に裏打ちされた俳句を作った。性格は偏向的であり、自身が東京帝国大学法学部を出ていながら、他の法学部卒業生を嫌うという矛盾した性格を持ち、またを飲むとよく暴れ、周囲を困らせたという。唯一の句集として、死後、荻原井泉水編『大空〔たいくう〕』(春秋社、1926年6月)が刊行された。

Shodoshima Hosai Ozaki Memorial Museum07bs5.jpg

放哉の伝記的小説を書いた吉村昭によると[3]、性格に甘えたところがあり、酒がやめられず、勤務態度も気ままなため、会社を退職に追い込まれたという。妻に「一緒に死んでくれ」と頼んだこともあり、呆れた妻は放哉のもとを去り、保険会社の寮母として生涯を送った。放哉は寺男などを転々とし、小さな庵と海のある場所に住みたいという理由から、晩年の八ヶ月を小豆島西光寺奥の院で寺男として暮らしたが、島での評判は極めて悪かった。吉村が1976年に取材のため島を訪ねた時、地元の人たちから、「なぜあんな人間を小説にするのか?」と言われたほどで、「金の無心はする、酒癖は悪い、東大出を鼻にかける、といった迷惑な人物で、もし今、彼が生きていたら、自分なら絶対に付き合わない」と、吉村自身が語っている。それでも、島の素封家で俳人の井上一二(いのうえいちじ)と寺の住職らが支援し、近所の主婦が下の世話までして臨終まで看取った。吉村の小説『海も暮れきる』は、海が好きだった放哉にちなんで、放哉の句「障子開けておく、海も暮れきる」から取ったもの。

代表句[編集]

放哉句碑(鳥取市・興禅寺
「こんなよい月をひとりで見て寝る」 (神戸市・須磨寺大師堂)

有名な句を以下に挙げる。

  • 咳をしても一人
  • 墓のうらに廻る
  • 足のうら洗えば白くなる
  • 肉がやせてくる太い骨である
  • いれものがない両手でうける
  • 考えごとをしている田螺が歩いている
  • こんなよい月を一人で見て寝る
  • 一人の道が暮れて来た
  • 春の山のうしろから烟が出だした(辞世)

参考文献[編集]

  • 吉村昭 『海も暮れきる』 講談社文庫 1985年
  • 村上護 『放哉評伝』 春陽堂 2002年
  • 大瀬東二『尾崎放哉の詩とその生涯』
  • 吉屋信子『底のぬけた柄杓』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『歴史と人生』 松波治郎著 (彰文館, 1942)
  2. ^ 『教育随想・教育論叢』 山崎白雲著 (久米書店, 1939)
  3. ^ 1994年NHK文化講演会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]