小悪魔はなぜモテる?!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小悪魔はなぜモテる?!
Easy A
監督 ウィル・グラック
脚本 バート・V・ロイヤル
製作 ウィル・グラック
ザンヌ・ディヴァイン
出演者 エマ・ストーン
ペン・バッジリー
アマンダ・バインズ
キャム・ギガンデット
トーマス・ヘイデン・チャーチ
パトリシア・クラークソン
リサ・クドロー
マルコム・マクダウェル
アリソン・ミシェルカ
スタンリー・トゥッチ
音楽 ブラッド・シーガル
撮影 マイケル・グレイディ
編集 スーザン・リッテンバーグ
製作会社 ウィル・グラック・プロダクションズ
オリーヴ・ブリッジ・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 スクリーン・ジェムズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年9月17日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $8,000,000[1]
興行収入 $74,952,305[2]
テンプレートを表示

小悪魔はなぜモテる?!』(原題: Easy A)は、ウィル・グラック監督、バート・V・ロイヤル脚本、エマ・ストーン主演による2010年青春コメディ映画である。脚本の一部は小説『緋文字』の影響を受けている。北アメリカでは2010年9月17日にスクリーン・ジェムズの配給で公開され、12月21日にはDVDBlu-ray Discが発売された[3][4][5][6]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
オリーヴ・ペンダーガスト エマ・ストーン 牛田裕子
トッド ペン・バッジリー 赤羽根健治
マリアンヌ アマンダ・バインズ 斉藤佑圭
ブランドン ダン・バード
グリフィス先生 トーマス・ヘイデン・チャーチ 宮崎寛務
ローズマリー(オリーブの母) パトリシア・クラークソン 寺瀬今日子
マイカ キャム・ギガンデット
指導カウンセラー(グリフィス先生の妻) リサ・クドロー 藤堂真衣
ギボンズ校長 マルコム・マクダウェル 小原雅人
リー アリソン・ミシェルカ
ディル(オリーブの父) スタンリー・トゥッチ 宮坂俊蔵
ブライアント牧師(マリアンヌの父) フレッド・アーミセン
中学2年のオリーヴ ジュリエット・ゴリア
アンソン ジェイク・サンドヴィグ
ニナ マハリー・ヘッサム
チップ(オリーヴの弟) ブライス・クライド・ジェンキンズ
マリアンヌのママ ステイシー・トラヴィス
マイカのママ ボニー・バーローズ
ゴシップ好きの女子高生 ラレイン(カメオ出演)

製作[編集]

脚本のバート・V・ロイヤルは、5日間で最後の10ページを除く全体の脚本を書いたと主張している[7]

ロイヤルの計画は、3つの古典的作品を映画化し、それらを同じ高校を舞台とすることで何名かのキャラクターを複数回登場させるというものであった。ロイヤルは最終的に本作のソースとなった『緋文字』の他には、『シラノ・ド・ベルジュラック』と『エドウィン・ドルードの謎』の翻案をやりたいと考えていた[7]

本作中でジョークとして使われた楽曲「Pocketful of Sunshine」は、ロイヤルの元々の脚本には無かった。彼は、オリーブの週末のモンタージュ(歌を紹介する)の間に再生する曲には、ケン・ノーディンの1966年のアルバム『コーラス』のトラックである「オリーヴ」を想定していた[7]

グラックの好きな作品は『フェリスはある朝突然に』であり、本作はそれや他のジョン・ヒューズ作品のへのオマージュが含まれる[8]

ロイヤルによると、彼の元々の脚本には「ファック」という単語が47回登場し、R指定映画として書かれていたが、結局それらは最終的に全てカットされた。撮影の段階でグラックは「ファック」が登場するものとそうでないものの2パターンを撮っていた[7]。結果、映画は北アメリカではPG-13指定、イギリスでは15指定となった[9]

映画は全て、カリフォルニア州オーハイで撮影された。セットは一切使用されず、家屋は実際の住居が使われた。映画で「オーハイ・ノース・ハイ・スクール」として使用された学校はオーハイのノルトホフ・ハイスクールである。

公開[編集]

ワールド・プレミアはトロント国際映画祭で行われた[10]

ホーム・メディア[編集]

アメリカでは2010年12月21日にDVDBlu-ray Discが発売された[3]。DVDには、エマ・ストーンのオーディション映像、グレッグ監督とストーンによるオーディオコメンタリーが収録された。またBlu-rayには特典としてメイキングなどが収録された。

評価[編集]

興行収入[編集]

2010年9月17日に北米2856館で公開され、初日に678万7163ドル、初週末3日間で1773万4040ドルを売り上げ、同週公開の『ザ・タウン』に次いで初登場2位だった。これは、ソニーが期待していた1500万ドルを上回る成績であった[1]。2011年11月11日までに北米で5840万1464ドル、その他で1655万841ドル、全世界で7495万2305ドルの興行収入となっている[2]

批評家の反応[編集]

本作は評論家からは概ね好評を得ており、ストーンの演技は賞賛された。Rotten Tomatoesでは174件のレビュー中、支持率は87%で、平均点は10点満点で7.1点となった[11]Metacriticは35件のレビューでポディシブなものが32件、どちらともいえないものが3件であり、平均点は100点満点で72点となった[12]

シカゴ・サンタイムズ』の映画評論家のロジャー・イーバートは4つ星満点で3つ星半を与えた[13]。また、Us Weeklyのジョン・グリフィスは4つ星満点で2つ星半を与え、「ハスキーボイスで燃えるような色の髪のストーンは、昔のリンジー・ローハンのようで壮観だ」と褒めたが、その後「ストーリーは薄く、笑いの要素はわずかだ」と続けた[14]

受賞歴[編集]

部門 候補者 結果
ゴールデングローブ賞[15] 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) エマ・ストーン ノミネート
コメディ賞[16] コメディ女優賞 エマ・ストーン ノミネート
コメディ映画賞 ノミネート
ピープルズ・チョイス・アワード[17] コメディ映画賞 ノミネート
放送映画批評家協会賞[18] コメディ映画賞 受賞
MTVムービー・アワード 女性演技賞[19] エマ・ストーン ノミネート
コメディ演技賞[20] エマ・ストーン 受賞
台詞賞[21] エマ・ストーンとアマンダ・バインズ ノミネート
ティーン・チョイス・アワード ロマンティック・コメディ映画賞 受賞
ロマンティック・コメディ男優賞 ペン・バッジリー ノミネート
ロマンティック・コメディ女優賞[22] エマ・ストーン 受賞
映画女性シーン・スティーラー賞[23] アリソン・ミシェルカ ノミネート
エンパイア賞[24] コメディ賞 ノミネート

サウンドトラック[編集]

サウンドトラックは2010年9月14日にiTunesで発売された。それにはプッシーキャット・ドールズワンリパブリックレンカナターシャ・ベディングフィールドカーディナル・オフィシャルザ・ドリーロッツデス・キャブ・フォー・キューティージェシー・Jが収録されている[25]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Fritz, Ben (2010年9月16日). “Movie projector: 'Easy A' expected to lead 'The Town,' 'Devil,' 'Alpha and Omega'”. Los Angeles Times (Tribune Company). http://latimesblogs.latimes.com/entertainmentnewsbuzz/2010/09/movie-projector-easy-a-expected-to-lead-the-town-devil-alpha-and-omega.html 2010年9月16日閲覧。 
  2. ^ a b Easy A (2010)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月11日閲覧。
  3. ^ a b 'Easy A' DVD Release Date Announced”. BuzzFocus. 2010年11月23日閲覧。
  4. ^ Michael Fleming (2009年6月3日). “Cast penciled in for 'Easy A'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118004501.html 2009年7月18日閲覧。 
  5. ^ Kroll, Justin (2009年6月16日). “Johanna Braddy”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118005024.html 2009年10月21日閲覧。 
  6. ^ Staff (2009年3月29日). “Emma Stone earns an 'Easy A'”. HitFlix. 2009年11月11日閲覧。
  7. ^ a b c d Bert V. Royal Interview with Creative Screenwriting Magazine Podcast, Sept. 14, 2010”. Creativescreenwritingmagazine.blogspot.com. 2011年10月4日閲覧。
  8. ^ “Interview: Director Will Gluck for Easy A”. ScreenCrave. (2010年10月14日). http://screencrave.com/2010-09-14/interview-director-will-gluck-for-easy-a/ 2011年3月1日閲覧。 
  9. ^ EASY A rated 15 by the BBFC”. Bbfc.co.uk (2010年8月12日). 2011年10月4日閲覧。
  10. ^ Corliss, Richard (2010年9月17日). Easy A: We ♥ Emma Stone”. Time. http://www.time.com/time/arts/article/0,8599,2020024,00.html 
  11. ^ Easy A Film Reviews at rottentomatoes.com”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年11月11日閲覧。
  12. ^ Easy A Film Reviews at Metacritic.com”. Metacritic. CBS Interactive. 2011年11月11日閲覧。
  13. ^ Roger Ebert (2010年9月15日). “Review: "Easy A"”. Chicago Sun-Times. http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20100915/REVIEWS/100919992 
  14. ^ US Weekly - Issue 829 - Dated January 3, 2011.
  15. ^ Nominations and Winners - 2010”. Hollywood Foreign Press Association. 2011年11月11日閲覧。
  16. ^ The Comedy Awards 2011 Nominees”. The Comedy Awards. 2011年11月11日閲覧。
  17. ^ People's Choice Awards 2011 Nominees”. ピープルズ・チョイス・アワード. 2011年11月11日閲覧。
  18. ^ Broadcast Film Critics Association Awards Nominees”. Broadcast Film Critics Association (2010年12月13日). 2010年12月13日閲覧。
  19. ^ Best Female Performance”. MTVムービー・アワード. 2011年11月11日閲覧。
  20. ^ Best Comedic Performance”. MTVムービー・アワード. 2011年11月11日閲覧。
  21. ^ Best Line from a Movie”. MTVムービー・アワード. 2011年11月11日閲覧。
  22. ^ Teen Choice Awards 2011: The Winners”. Elena Gorgan. 2011年8月8日閲覧。
  23. ^ Teen Choice Awards 2010: Second (Giant) Wave Of Nominees Announced!”. 2011年8月15日閲覧。
  24. ^ Best Comedy”. Empireonline.com. Bauer Consumer Media (2011年). 2011年9月22日閲覧。
  25. ^ Easy A (2010) - Soundtracks” (英語). インターネット・ムービー・データベース. 2011年11月11日閲覧。

外部リンク[編集]