小児性欲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小児性欲(しょうにせいよく)は、精神分析学フロイトによる仮説で、小児にも性欲があるとする考え。この場合の性欲は、成人の狭い意味の性欲とは異なり、広義の性欲を意味する。あるいは、あらゆる身体器官から発せられるエネルギーのようなものを想定している(部分欲動)。

フロイトは精神分析学で確認された根本的なエネルギーとしての性的欲動が、小児期を通して上手く発展したり、分化したりする事の重要性を説いた。 小児性欲は口唇期肛門期男根期(エディプス期)、潜伏期性器期という子供の成長に応じた期間があり、その期間には身体成長と性的発達が複雑に絡み合って進展すると考えられている。フロイトは、これら性行動をともなわない性欲を充足させられるか否かがその後の人格形成に大きく寄与すると考えた。また、これらの性欲がある期間に固着する事により、ヒステリーノイローゼが発症すると仮定した。また、年少期からオナニーをする女性は、しない女性に比べノイローゼやヒステリーの発症率が低いことを突き止めた。性的抑圧が強い女性にそれら精神障害が後に多く現れると主張した。

フロイトは人格形成をすべて広義の性欲(リビドー)に求め説明した。この考えは後に汎性欲論と呼ばれるようになるが、これはあらゆる人間の行動や活動を性(セックス)に求める事に対する非難的な言葉として使用されるようになる。そのため一般の人々からも脳生理学的見地からも多くの批判を受けた。

この汎性欲論は未だに現在の精神分析学においても根強く存在している。それは精神分析がリビドーや性欲動などの性的な欲動に強く注目し、それを精神病理の原因とするためである。ただし現在ではこの小児性欲はフロイトの一理論として限定されているようである。それでも後の対象関係論などでは今でも強く性欲動が注目されているため、この批判は常々される。

ちなみに自我心理学ではこの小児性欲の性的発達理論を社会的発達理論まで拡張したエリク・エリクソンライフサイクルという考えがある。この考えがフロイトの性理論に基づいている事にはあまり認識されていないが、それでもこの理論自体は広く受け入れられているようである。

参考文献[編集]

  • 『ヒステリー研究』(Studien über Hysterie)ヨーゼフ・ブロイアーとの共著, 1895年
  • 夢判断』(Die Traumdeutung)1899年(出版1900年)
  • 『性格と肛門愛』(Charakter und Analerotik),1908年
  • 精神分析入門』(Vorlesungen zur Einführung in die Psychoanalyse),1917年
  • 『欲動転換、特に肛門愛の欲動転換について』(Über Triebumsetzungen, insbesondere der Analerotik),1917年