宇野弘蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宇野弘蔵
マルクス経済学宇野経済学
生誕 1897年11月12日
死没 1977年2月22日
影響を
受けた人物
カール・マルクス
実績 唯物史観社会主義イデオロギーから切り離したマルクス経済学の確立
テンプレートを表示

宇野 弘蔵(うの こうぞう、1897年11月12日 - 1977年2月22日)は、日本マルクス経済学者。日本のマルクス経済学者の中でも特に影響力の大きな一人であり、その学派は宇野学派と称された。宇野学派は新左翼社会主義協会に影響をあたえた。

経歴[編集]

岡山県倉敷市に生まれる。旧制高梁中学校(現・岡山県立高梁高等学校)、第六高等学校(現・岡山大学)を経て、1921年東京帝国大学経済学部卒業。1954年経済学博士東京大学)。

1921年大原社会問題研究所入所。ドイツ留学を経て、1924年東北帝国大学法文学部経済学第三講座(経済政策論)助教授、同大学在職中の1938年人民戦線事件に連座し逮捕されるも、後に無罪となる。1941年東北帝国大を辞職し、財団法人日本貿易振興協会(現・独立行政法人日本貿易振興機構)日本貿易研究所入所。1944年三菱経済研究所入所。この間1946年に東北帝国大学講師を務める。

1947年東京帝国大学社会科学研究所教授1949年同所長、1958年東京大学を定年退官し、法政大学社会学部教授に就任、1968年まで務めた。

1954年12月 東京大学 経済学博士 論文の題は「恐慌論 」[1]

1977年肺炎により神奈川県藤沢市鵠沼の自宅で死去。

資本論』に基づく経済研究を原理論、段階論、現状分析の3つに分けるという構成がとりわけよく知られ、唯物史観や社会主義イデオロギーから切り離した経済研究を確立した。ちなみに宇野自身は自著で「自分をマルクス主義者とはもちろんのこと、広い意味での社会主義者とも考えたことはありません」(『資本論の世界』)と語っている。

妻は、統計学者で東京帝国大学教授、日本放送協会会長、大原社会問題研究所所長等を歴任した高野岩三郎の娘。

著作[編集]

  • 『宇野弘蔵著作集』全11巻(岩波書店、1973-74年)
  • 経済政策論 上巻 弘文堂 1936
  • 価値論 河出書房 1947 (社会主義経済学
  • 農業問題序論 改造社 1947
  • 資本論入門 白日書院 1948 のち講談社学術文庫
  • 資本論の研究 岩波書店 1949
  • 資本論入門 第2巻(資本の流通過程) 白日書院 1949 (社会科学研究叢書
  • 経済原論 岩波書店 1950-52
  • 価値論の研究 東京大学出版会 1952
  • 社会科学のために 弘文堂 1952
  • 恐慌論 岩波書店 1953 のち文庫
  • 経済政策論 弘文堂 1954 (経済学全集
  • 「資本論」と社会主義 岩波書店 1958
  • マルクス経済学原理論の研究 岩波書店 1959
  • 経済学方法論 東京大学出版会 1962 (経済学大系
  • 社会科学の根本問題 青木書店 1966 (青木全書)
  • 経済学を語る 東京大学出版会 1967 (UP選書)
  • マルクス経済学の諸問題 岩波書店 1969
  • 資本論の経済学 1969 (岩波新書)
  • 社会科学としての経済学 1969 (筑摩叢書)
  • 資本論五十年 法政大学出版局 1970-73
  • 経済学の効用 東京大学出版会 1972 (UP選書)
  • 資本論に学ぶ 東京大学出版会 1975 (UP選書)
  • 社会科学と弁証法 梅本克己共著 岩波書店 1976
  • 資本論入門第二巻解説 岩波書店 1977.11
  • 『資本論』と私 御茶の水書房 2008.1

翻訳[編集]

  • ロンバード街 ロンドンの金融市場 バジヨツト 1941 (岩波文庫)
  • 捕鯨 / Erik Lynge 栗田書店 1943 (世界貿易産業研究叢書)

記念論集[編集]

  • マルクス経済学の研究 宇野弘蔵先生古稀記念論文集 東京大学出版会 1968

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース