多島斗志之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
多島 斗志之
(たじま としゆき)
ペンネーム 多島 斗志之
多島健
誕生 鈴田 恵
(すずた けい)
1948年10月24日(65歳)
日本の旗 日本大阪府
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1982年 - 2008年
ジャンル ミステリー
代表作 海賊モア船長シリーズ
『クリスマス黙示録』
『症例A』
主な受賞歴 小説現代新人賞(1982年)
処女作 『あなたは不屈のハンコ・ハンター』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

多島 斗志之(たじま としゆき、1948年10月24日 - ?)は、日本小説家大阪府出身。男性。本名は鈴田 恵(すずた けい)[1]

来歴[編集]

早稲田大学政治経済学部を卒業。広告代理店勤務、フリーの広告制作ディレクターを経て作家となる。

処女作は1982年の『あなたは不屈のハンコ・ハンター』であるが、これは多島健名義で発表、第39回小説現代新人賞を受賞している。また『密約幻書』で第101回直木賞候補、『不思議島』で第106回直木賞の候補作となった[1]。『海賊モア船長シリーズ』のような海洋冒険小説や天海祐希主演で映画化されたミステリー『クリスマス黙示録』、多重人格を取り扱って話題となった『症例A』、純愛小説の『離愁』など幅広い作風で知られた。『少年たちのおだやかな日々』所収の『罰ゲーム』は『世にも奇妙な物語』で、『言いません』および『言いなさい』は『悪いこと』で映像化されている。

失踪[編集]

2009年12月19日に滞在していた京都市内のホテルを出たのを最後に消息を絶つ。多島は1989年頃に右目を失明しており、失踪前日、弟や長女に「1カ月前から左目も見えにくい。この年で両目を失明し人の手を煩わせたくない。失踪する」との速達が届き、失踪当日には友人や出版社に「筆を置き、社会生活を終了します」との手紙が届いたと報じられた[2]

作品[編集]

  • <移情閣>ゲーム―キャンペーンに仕組まれた大謀略(1985年9月 講談社ノベルス)
    • 【改題】龍の議定書(1988年6月 講談社文庫)
    • 【再改題】<移情閣>ゲーム(2007年9月 講談社ノベルス)
  • 聖夜の越境者(1983年3月 講談社 / 1989年9月 講談社文庫)
  • ソ連謀略計画(シベリア・プラン)を撃て(1987月3月 徳間ノベルス)
    • 【改題】CIA桂離宮作戦(1990年8月 徳間文庫)
  • 金塊船消ゆ(1987年9月 実業之日本社 / 1991年2月 講談社文庫)
  • バード・ウォー―アメリカ情報部の奇略(1988年5月 天山出版 / 1992年6月 文春文庫)
  • 密約幻書(1989年5月 講談社 / 1992年7月 講談社文庫)
  • マリア殺し異人館の字謎(1990年4月 講談社)
  • クリスマス黙示録(1990年11月 新潮社 / 1996年11月 新潮文庫 / 2009年12月 双葉文庫)
  • 不思議島(1991年7月 徳間書店 / 1999年1月 徳間文庫 / 2006年5月 創元推理文庫)
  • 神話獣(1993年3月 文藝春秋
    • 【改題】マールスドルフ城1945(2000年2月 中公文庫
  • 少年たちのおだやかな日々(1994年4月 双葉社 / 1999年8月 双葉文庫)
  • 白楼夢―海峡植民地にて(1995年10月 講談社 / 2007年5月 創元推理文庫)
  • 二島縁起(1995年10月 双葉社 / 2006年7月 創元推理文庫)
  • 海上タクシー〈ガル3号〉備忘録(1996年7月 双葉社 / 2006年10月 創元推理文庫)
  • もの静かな女たち(1996年11月 実業之日本社
    • 【改題】私たちの退屈な日々(2009年4月 双葉文庫)
  • 海賊モア船長の遍歴(1998年7月 中央公論新社 / 2001年3月 中公文庫)
  • 仏蘭西シネマ(1998年9月 双葉社
  • 症例A(2000年10月 角川書店 / 2003年1月 角川文庫)
  • 汚名(2003年1月 新潮社)
  • 追憶列車(2003年8月 角川文庫)
  • 海賊モア船長の憂鬱(2005年10月 集英社 / 2009年8月 角川文庫【上・下】)
  • 感傷コンパス(2007年7月 角川書店)
  • 黒百合(2008年10月 東京創元社

脚注[編集]

  1. ^ a b “多島斗志之さん行方不明に 京都在住のミステリー作家”. 共同通信社. 47NEWS. (2009年12月25日). http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122501000342.html 2012年8月25日閲覧。 
  2. ^ “ミステリー作家の多島斗志之氏が行方不明”. 毎日新聞. (2009年12月25日)