呂六〇型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
呂六〇型潜水艦(L4型)
呂64
艦級概観
艦種 二等潜水艦
艦名
前級 呂五七型潜水艦(L3型)
次級 -
性能諸元
排水量 基準:988トン 常備:1,060.3トン
水中:1,301トン
全長 76.20m
全幅 7.38m
吃水 3.96m
機関 ヴィッカース式ディーゼル2基2軸
水上:2,400馬力
水中:1,600馬力
速力 水上:15.7kt
水中:8.6kt
航続距離 水上:10ktで5,500海里
水中:4ktで80海里[1]
燃料 重油
乗員 48名
兵装 40口径8cm単装砲1門
53cm魚雷発射管 艦首6門
魚雷12本
備考 安全潜航深度:60m

呂六〇型潜水艦(ろろくじゅうがたせんすいかん)は日本海軍潜水艦の艦級。L4型とも。同型艦9隻。

概要[編集]

L3型潜水艦の改良版であり、L型の最後の艦級である。設計が全面的に改められ艦型は大型化し、上部構造物も幅が広がった。魚雷発射管は4門から6門に増強されている。これらの改正により基準排水量で約100トンほど増大し、速力は低下した。

1923年(大正12年)から1927年(昭和2年)に至る4年の間に9隻が竣工した。第二次世界大戦では専ら監視や哨戒を行い、敵艦船を撃沈することはなかった。また大戦後半は練習潜水艦に使用された。戦争中に5隻が戦没し、のこりは米軍よって海没処分された。

同型艦[編集]

艦名は1924年(大正13年)11月1日「呂号第~潜水艦」と改名。建造所は全て三菱神戸

1923年(大正12年)9月17日竣工。1942年(昭和17年)1月15日クェゼリンで座礁、船体放棄。
1924年(大正13年)2月9日竣工。1942年(昭和17年)8月31日、米駆逐艦「レイド」の攻撃を受け沈没(アリューシャン列島アトカ島)。
1924年(大正13年)7月24日竣工。終戦時在舞鶴1946年(昭和21年)5月伊予灘にて海没処分。
1924年(大正13年)12月20日竣工。終戦時在舞鶴1946年(昭和21年)5月伊予灘にて海没処分。
1925年(大正14年)4月30日竣工。1945年(昭和20年)4月12日、広島湾において教務訓練での潜行中に、米軍が投下していた磁気機雷に触雷し沈没。艦長である安久栄太郎(潜水学校教官、第三十三潜水隊司令)以下乗員全員死亡。
1926年(大正15年)6月30日竣工。1942年(昭和17年)11月4日キスカ島にて空襲を受け沈座したが事故により沈没。
1927年(昭和2年)7月28日竣工。1941年(昭和16年)12月17日ウェーキ島にて呂62と衝突して沈没。
1926年(大正15年)12月15日竣工。1945年(昭和20年)7月20日、老齢のため除籍。
1925年(大正14年)10月29日竣工。終戦時在舞鶴1946年(昭和21年)4月30日若狭湾にて海没処分。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0462-8
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』(光人社、2005年) ISBN 4-7698-1246-9

脚注[編集]

  1. ^ 『艦長たちの軍艦史』による。

関連項目[編集]