波九型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
波九型潜水艦(S型)
波9
艦級概観
艦種 三等潜水艦
艦名
前級 -
次級 -
性能諸元(波号第九潜水艦)
排水量 基準:480トン 常備:529トン
水中:737トン
全長 58.6m
全幅 5.18m
吃水 3.25m
機関 シュナイダー石油機関2基2軸
水上:2,000馬力
水中:850馬力
速力 水上:16.5kt
水中:10kt
航続距離 水上:10ktで2,050海里
水中:4ktで60海里
燃料
乗員 定数不明
兵装 短5cm単装高角砲1基
45cm魚雷発射管 艦首2門、水上4門
魚雷8本
備考 安全潜航深度:40m

波九型潜水艦(はきゅうがたせんすいかん)は、日本海軍潜水艦の艦級。S型(エスがた)ともよばれ、最後の三等潜水艦の艦級となった。同型艦2隻。

概要[編集]

本型は仏シュネデール社が設計したローブーフ型潜水艦である。本来は2隻ともシュネデール社が建造まで行う予定であったが、第一次世界大戦の勃発に伴い一隻がフランス海軍に引き渡されたため、その代艦は日本(呉海軍工廠)で建造することとなった。仏建造艦は1917年(大正6年)(第一五潜水艇、後の波10)、また日本建造艦は1920年(大正9年)(第一四潜水艦、後の波9)にそれぞれ竣工、1929年(昭和4年)に両艦ともに除籍。戦果戦歴なし。

本型の特徴として、ローブーフの考案した複殻式船殻の採用がある。これはメインタンクを耐圧殻(内殻)の外側に配置するもので、従来の単殻式に比べて予備浮力が大きく、水上走行性能に優っている。また副次効果として艦内容積が大きくなり、居住性の向上など航洋型の潜水艦ではより有利であった。本型以降、日本海軍の大型潜水艦(一等潜水艦、伊号潜水艦)の多くはこの複殻式を採用した。

主機は石油機関を搭載した。これは今まで使われてきたガソリン機関に比べてより安全なエンジンであったが、その後ディーゼル機関が実用化され、以降の潜水艦で採用されることはなかった。

魚雷発射管は艦首の2門に加え、司令塔付近の水上部分に外装発射管を波9で4門、波10で2門装備した。

波10(第15潜水艇)は竣工時二等潜水艇に類別、1919年(大正8年)4月1日に三等潜水艦に類別変更。波9(第14潜水艇)は竣工時から三等潜水艦に類別された。

諸元[編集]

波号第一〇潜水艦の値。波号第九潜水艦の値は性能諸元表を参照のこと。

  • 排水量:常備450トン、水中665トン
  • 全長:56.74m
  • 全幅:5.21m
  • 吃水:3.10m
  • 機関:シュナイダー石油機関2基2軸、水上:2,000馬力、水中:850馬力
  • 速力:水上17kt、水中10kt
  • 水中航続距離:111km(60海里)/4kt
  • 水上航続距離:3,792km(2,050海里)/12kt
  • 兵装:機銃1挺、45cm魚雷発射管 艦首2門、水上2門、魚雷8本
  • 安全潜航深度:40m

同型艦[編集]

※艦長等は『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。

波9[編集]

1920年(大正9年)4月30日竣工()。竣工時の艦名は第一四潜水艦1923年(大正12年)6月15日波号第九潜水艦に改称。1929年(昭和4年)12月1日除籍。
艤装員長
沢野源四郎 大尉:1919年8月5日[1] - 9月15日[2]
(兼)沢野源四郎 大尉:1919年9月15日[2] - 12月1日[3]
有本明 大尉:1919年12月1日[3] -
艦長
沢野源四郎 大尉:1919年9月15日[2] - 12月1日[3]
(心得)有本明 大尉:不詳 - 1920年4月30日[4]
河野静雄 大尉:1920年12月1日[5] -
(心得)荻野仲一郎 大尉:1920年12月1日[5] -
佐藤勉 大尉:1921年2月16日 -
白根貞介 少佐:1921年4月1日 - 1921年12月1日
舛岡誠太郎 大尉:1921年12月1日[6] -
佐藤勉 大尉:不詳 - 1922年12月1日[7]
松野省三 少佐:1922年12月1日 - 1923年11月10日
(兼)石井順三 少佐:1923年12月1日[8] -

波10[編集]

1917年(大正6年)7月20日竣工(仏シュネデール社)。竣工時の艦名は第一五潜水艇1919年(大正8年)4月1日第一五潜水艦に改称。1923年(大正12年)6月15日波号第一〇潜水艦に改称。1929年(昭和4年)12月1日除籍。
艦長
森野草六郎 大尉:1920年12月1日[5] - 1922年5月15日[9]
松野省三 少佐:不詳 - 1921年3月1日[10]
高須三二郎 大尉:1921年3月1日 - 11月1日
内藤淳 大尉:1921年12月1日[6] -
金桝義夫 大尉:1922年3月20日 - 12月1日
石井順三 少佐:1922年12月1日[11] -

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0462-8
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2101号、大正8年8月6日。
  2. ^ a b c 『官報』第2136号、大正8年9月16日。
  3. ^ a b c 『官報』第2199号、大正8年12月2日。
  4. ^ 『官報』第2323号、大正9年5月3日。
  5. ^ a b c 『官報』第2501号、大正9年12月2日。
  6. ^ a b 『官報』第2801号、大正10年12月2日。
  7. ^ 『官報』第3102号、大正11年12月2日。
  8. ^ 『官報』第3385号、大正12年12月4日。
  9. ^ 『官報』第2934号、大正11年5月16日。
  10. ^ 『官報』第2572号、大正10年3月2日。
  11. ^ 『官報』第3102号、大正11年12月2日。

関連項目[編集]