伊九型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊九型潜水艦(巡潜甲型)
伊10
艦級概観
艦種 一等潜水艦
艦名
前級 伊七型潜水艦(巡潜3型)
次級 伊号第一二潜水艦(甲型改1)
性能諸元
排水量 基準:2,434トン 常備:2,919トン
水中:4,150トン
全長 113.7m
全幅 9.55m
吃水 5.36m
機関 艦本式2号10型ディーゼル2基2軸
水上:12,400馬力
水中:2,400馬力
速力 水上:23.5kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:16ktで16,000海里
水中:3ktで90海里
燃料 重油:878トン
乗員 104名(潜水戦隊司令部を含む)[1]
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm機銃連装2基4挺
魚雷発射管 艦首6門
53cm九五式魚雷18本
九三式探信儀1基
九三式聴音機1基
航空機 零式小型水上偵察機1機
(呉式1号4型射出機1基)
備考 安全潜航深度:100m
行動期間:3ヶ月

伊九型潜水艦(いきゅうがたせんすいかん)は、大日本帝国海軍潜水艦の艦級。巡潜甲型(じゅんせんこうがた)とも。伊号第九潜水艦から伊号第十一潜水艦までの三隻が建造された。1941年から翌年にかけて竣工した。また、改良したものに伊号第一二潜水艦伊一三型潜水艦がある。通商破壊などの任務に従事し、いずれも太平洋戦争で戦没した。伊号第一一潜水艦はオーストラリア海軍軽巡洋艦ホバート」を撃破している。

概要[編集]

無条約時代に突入した1937年(昭和12年)度のマル3計画により伊七型潜水艦(巡潜3型)の発展型として計画された(計画番号S35Ja)。同時期に乙型丙型と3種類の巡潜型潜水艦が計画されたがそのうちで潜水戦隊司令部設備を持ち、水上偵察機を搭載した一番大型の巡潜である。先の巡潜3型より更に大型の潜水艦となった。そのため主機は更に高出力のディーゼルが搭載され、計画速力は水上で23.5ノットに達した。航空艤装は先型と同様であるが、設置場所は艦の前方に移された。

本型はマル3計画では2隻(伊9、伊10)、マル4計画で1隻(伊11)建造された。

計画では艦隊決戦において、遠くハワイ近海まで遠征し甲型を司令潜水艦として集団運用で敵艦隊を襲撃する予定であった。しかし太平洋戦争では潜水艦を集団運用する艦隊決戦は起きず、各潜水艦は個々に活躍した。大戦初期にはその航続力と搭載機を利用して各地の偵察任務に従事、また伊10はインド洋の通商破壊戦に参加し商船7隻を撃沈している。ガダルカナル島での戦い以降は輸送任務に当たることが多くなり、1943年(昭和18年)に伊9が、1944年(昭和19年)に入り残りの2隻も戦没した。

1942年(昭和17年)のマル追計画では更に2隻の建造を計画したが戦時急造のための低出力の主機が搭載され伊号第一二潜水艦として完成。残りの1隻も同様の計画だったが建造中に晴嵐2機を積むように変更され伊号第一三潜水艦甲型改2)として完成した。ミッドウェー海戦後の改マル5計画でも6隻の建造が計画されたが起工した3隻は伊13と同様に改装され1隻竣工(伊号第一四潜水艦)、2隻が未成に終わった。残りの3隻は計画のみに終わったが計画番号S48と改められて、航空艤装を艦後部に置く予定だったと言われている。

同型艦[編集]

準同型艦[編集]

計画変更艦[編集]

建造途中で計画を改め晴嵐2機を搭載する。伊四〇〇型潜水艦に準じた艦となった
  • 第5094,5095,5096号艦
計画番号S48として改マル5計画で計画されたが1943年(昭和18年)7月に建造取り止め

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0462-8
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』(光人社、2005年) ISBN 4-7698-1246-9

脚注[編集]

  1. ^ データは『写真 日本の軍艦vol.12』より。『艦長たちの軍艦史』によると114名であるがこれは伊12のデータと混同している可能性がある。

関連項目[編集]