吹上佐太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吹上佐太郎

吹上佐太郎(ふきあげ さたろう、1889年2月 - 1926年9月28日)とは京都で強姦殺人を行い、その後関東連続少女殺人事件で関東八県で27人以上を強姦しうち6人を殺害したシリアルキラー連続強姦犯。後に獄中で膨大な自伝を書き残した。

経歴[編集]

佐太郎は1889年2月京都市西陣生まれ。父親は大の酒好きで、酔うと寝ている子供たちに構わず性交を行っており、それを見ていた佐太郎は7歳頃から性器を弄繰り回していた。9歳の時には家から追い出され奉公に出された。彼は職を転々とした。奉公に出された場所では金を持ち逃げし首になる。別の西陣の工場も逃げ出した。

その次に西陣の機屋で働いた。11歳になる頃には17,8歳の女中二人がいたが、そこでは一緒の部屋で寝る事が行われていた。そのため、毎晩のように一人の色好みの女中に無理矢理少年姦をされていた。毎晩18歳の女中の慰めになったり慰められていたりしたのであるが、その性遊戯がばれ首になった。次のところでは5円を盗み、12歳で監獄に入る。だが、監獄の方がいい生活であった。

それ以来西陣の機屋で働いたが前科がばれクビ。大阪で浮浪者、野宿生活となり泥棒集団の仲間に入るが逃げ出し、京都で泥棒をして13歳で再び監獄に戻される。この13歳の時期男色に耽った。刑務所を出ると家族は四国で乞食をしていたが、泥棒の金で家を借り一家を住まわせた。15歳の秋には初めて少女の味を知った。だが、名古屋に向かう途中自転車を盗んだ罪で刑務所に戻る。

その後出所し京都に戻った彼は17歳の時に出会った女性に一年間性的関係を強いられ、今までの主に年上の女性に玩具にされた生活が一転した。その女性の娘である11歳の娘に手を出し、近所の娘や女工を強姦した。

その後、徴兵検査を受ける直前、京都の金閣寺裏山で少女を強姦して殺害。無期懲役の判決を受け10年弱拘置されたが恩赦により減刑される。

仮釈放後はトンネル工事作業員や田舎廻りの劇団員などになったがいずれの職も長続きせず、仕事を求め流れ歩いた旅先で関東連続少女殺人事件を起こした。

佐太郎は関東連続少女殺人事件で死刑判決を受け刑死した。死刑囚となった彼は西洋の哲学書や文学を読破するなどの猛勉強で原稿用紙3000枚という膨大な自伝『娑婆』(大正15年、厳松堂書店)を残したが、『娑婆』は発売と同時に発禁処分となった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]