十字軍の王シーグル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

十字軍の王シーグル』(Sigurd Jorsalfar)作品22は、エドヴァルド・グリーグ劇音楽ビョルンスティエルネ・ビョルンソンによる、第1回十字軍に参加したノルウェー国王シーグル1世1090年頃 – 1130年)を題材とした同名の戯曲のために作曲された。

作曲の経緯[編集]

1872年作曲。1892年組曲に編曲。1903年シュトゥットガルト宮廷劇場での公演のために曲を追加。

初演

1872年4月10日、クリスチャニア(現オスロ)の王立劇場でヨハン・ヘンヌム指揮による。

編成[編集]

フルート3、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、チューバティンパニ大太鼓小太鼓シンバルトライアングルハープ弦五部

構成[編集]

1903年に3曲およびホルンのファンファーレと第2幕でのラッパのシグナルが追加されている。

番号外
  • ホルンによるファンファーレ
第1幕
  • 1.第1幕への前奏曲
  • 2.ボルグヒルの夢(間奏曲)

組曲の2曲目に使用。

第2幕
  • 3.力比べ(王の広間にて、第2幕への前奏曲)

中間部はヴァイオリンとピアノのためのガヴォットからの転用。組曲の1曲目。

  • 4.北国の民
第3幕
  • 5.忠誠行進曲(第3幕への前奏曲)

組曲の3曲目に使用。

  • 6.間奏I
  • 7.間奏II
  • 8.王の歌

組曲 op.56[編集]

  • 第1曲「力比べ(王の広間にて)」
  • 第2曲「ボルグヒルの夢(間奏曲)」
  • 第3曲「忠誠行進曲」

参考文献[編集]

  • 作曲家別名曲解説ライブラリー18 北欧の巨匠(音楽之友社

外部リンク[編集]