チェロソナタ (グリーグ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チェロソナタ イ短調 作品36は、エドヴァルド・グリーグが作曲した唯一のチェロソナタである。

概要[編集]

グリーグはチェロピアノのための作品を2曲残しているが、このチェロソナタは1883年に作曲され、グリーグはこのソナタを、3歳年上の兄ヨーンのために作曲したという。兄のヨーンはチェロを愛好し、グリーグと同様ライプツィヒ音楽院で学び、のちに他の職業に就職して、アマチュアチェリストとして音楽を楽しんでいた。その兄が演奏することを想定してこのソナタを書いたという。

ト短調の弦楽四重奏曲(作品27)から5年ほど作られた作品であるが、ここには弦楽四重奏曲に見られたような全体を貫く統一性は見られない。だが時折、その極めて情熱的で大胆な音楽は、弦楽四重奏曲に劣らない魅力を放っている。また作品の第2楽章は、付随音楽十字軍の兵士シグール』(作品22)の中の「忠誠行進曲」から借用している。

構成[編集]

3楽章の構成で演奏時間は約30分ほど。

第1楽章 アレグロ・アジタート

 イ短調、2分の2拍子、ソナタ形式

第2楽章 アンダンテ・モルト・トランクィロ

 ヘ長調、4分の4拍子、自由な形式。

第3楽章 アレグロ-アレグロ・モルト・エ・マルカート

 イ短調→イ長調、4分の2拍子、序奏付きのソナタ形式。

間奏曲 イ短調 EG.115[編集]

このチェロとピアノのための間奏曲(単に「インテルメッツォ」とも題される)は、上記のチェロソナタよりも20年近く前の1867年頃に作曲された作品で、チェロソナタと同様、兄のヨーンのために作曲されたものであると考えられている。なお、この間奏曲よりも先に、ヨーンに1曲『マズルカ』という作品を献呈していると伝えられているが、楽譜が紛失したため、存在が確認されていない。

あまり技巧に走ることなく、チェロの歌う性格を生かした穏やかな作品である。演奏時間は約3分。

参考文献[編集]

  • グリーグ:『チェロソナタ/弦楽四重奏曲』(フィリップス,廃盤)

外部リンク[編集]