ヴァイオリンソナタ第2番 (グリーグ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァイオリンソナタ第2番 ト長調 作品13は、エドヴァルド・グリーグが作曲した2番目のヴァイオリンソナタ

概要[編集]

1865年に作曲された前作のヴァイオリンソナタ第1番から2年を経た1867年に作曲され、第1番と同じく短期間で完成された。この当時のグリーグは、デンマークからノルウェーに戻って歌手のニーナ・ハーゲルップと結婚したばかりであった。

作品は同じノルウェー出身の作曲家ヨハン・スヴェンセンに献呈された。

構成[編集]

3楽章の構成で、演奏時間は約21分。

  • 第1楽章 レント・ドロローソ-ポコ・アレグロ-アレグロ・ヴィヴァーチェ
  • 第2楽章 アレグレット・トランクイッロ
  • 第3楽章 アレグロ・アニマート

なお、第3楽章はもともとチェロピアノのための作品として構想されていた。

関連作品[編集]