リカルド・ノルドローク追悼の葬送行進曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リカルド・ノルドローク追悼の葬送行進曲』(Sørgemarsj over Rikard Nordraak)EG 107は、エドヴァルド・グリーグが作曲した管楽オーケストラ(吹奏楽)のための作品。タイトルは『リカール・ノールロークのための葬送行進曲』と表記されることもある。

概要[編集]

グリーグは1歳年上の作曲家リカルド・ノルドロークと仲が良かった。民俗音楽に基づいた国民的な様式を確立しようというグリーグの野心はノルドロークとの友情に負うところが大きい。しかし、序曲『秋に』作品11を完成させたわずか数週間後、グリーグはノルドロークが23歳の若さで世を去ったという知らせを聞き、悲しみに打ちひしがれた。このことを受けて、1866年4月6日にグリーグはこの作品を作曲し、翌日にはトリオ部分を付け加えた。この葬送行進曲はその夏にピアノ独奏曲として出版されたが、グリーグは翌1867年にこれを金管楽器打楽器のために編曲した。さらにその後、1880年代に当時の標準的な軍楽隊のために編曲し、大幅な改訂を加えてノルドロークの生誕50周年にあたる1892年に出版した。

現在は演奏されることが極端に少なく、演奏会で取り上げられることもほとんどない。

この曲にはヨハン・ハルヴォルセンの編曲によるオーケストラ版も存在し、これはグリーグ自身の葬儀の際に演奏された。

編成[編集]

ピアノ版
ピアノ独奏
金管合奏版
トランペット 3、ホルン 3、トロンボーン 3、チューバスネアドラムバスドラム
軍楽隊版
編成表
木管 金管
Fl. 1 (E♭), Picc. 1 (E♭) Crnt. 2 (E♭), Tp. 2 (E♭) Cb.
Ob. 2 Hr. 2 (E♭) Timp.
Fg. 2 Tbn. 2 (alto & tenor) S.D., B.D., Cymb., Tam-t.
Cl. 2 (B♭), E♭ 2 Eup.
Sax. Tub. 2

構成[編集]

各1対のクラリネットE♭管及びB♭管)、コルネットトランペット、さらに2つのチューバを含んだ楽器法は、変ロ短調の主部の重々しい足どりにも、また長調の中間部の慰めるようなノルウェー風の旋律もうまく適ったものである。演奏時間は約6分。