弦楽四重奏曲 (グリーグ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

弦楽四重奏曲 ト短調 作品27は、エドヴァルド・グリーグ1877年から1878年にかけて作曲した弦楽四重奏曲である。初演1878年10月6日ケルンで、この曲を献呈されたヘックマンによる弦楽四重奏団により行われた。

概要[編集]

グリーグの最初の弦楽四重奏曲はライプツィヒ音楽院時代に作曲されたがスケッチは失われている。3番目の弦楽四重奏曲は1892年のグリーグの銀婚式の時に作曲されたが2楽章までしか作曲されず、後年レントヘンにより補筆完成された。従って今日ではこの曲が作曲者唯一の作品として知られている。

編成[編集]

曲の構成[編集]

全楽章は切れ目なく演奏される。

  • 第1楽章 Un poco Andante - Allegro molto ed agitato
    ト短調 2分の2拍子 ソナタ形式。序奏主題は1876年の作品である吟遊詩人の歌の最初の動機を変えたものである。この主題は第3楽章と第4楽章にも現れる。
  • 第2楽章 Romanze Andantino
    変ロ長調 6/8拍子
  • 第3楽章 Intermezzo Allegro molto marcato 
    ト短調 3/4拍子
  • 第4楽章 Lento - Presto al Saltarello
    ト短調 2/2拍子 - 6/8拍子

演奏時間[編集]

約32分

参考文献[編集]