交響的舞曲 (グリーグ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響的舞曲》(ドイツ語:Symphonische Tënze, ノルウェー語:Symfoniske danser)作品64は、エドヴァルド・グリーグの管弦楽曲。《4つの交響的舞曲》《交響的舞曲集》とも呼ばれる。1896年ピアノ連弾曲として作曲され、1898年に管弦楽編曲を完成した。4つの舞曲からなる管弦楽組曲で、ルドヴィク・マティアス・リンデマンが採譜した民俗音楽のアンソロジーに依拠している。全曲を通して、ニ長調とその近親調でまとめられている。

管弦楽版の初演はコペンハーゲンで、ヨハン・スヴェンセンの指揮によって行われた。

構成[編集]

  • 第1曲(ト長調、アレグロ・モデラート・エ・マルカート)
  • 第2曲(イ長調、アレグレット・グラツィオーソ)
  • 第3曲(ニ長調、アレグロ・ジョコーゾ)
  • 第4曲(イ短調、アンダンテ ― アレグロ・リゾルート)

演奏時間は順に約6分、約5分、約5分、約10分、計約26分。ただし第3曲、第4曲の繰り返しを行わない場合。

楽器編成[編集]

ピッコロフルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、テューバティンパニトライアングルハープ弦五部