北カフカース鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロストフ・ナ・ドヌの鉄道局.

北カフカース鉄道ロシア語: Северо-Кавказская железная дорога)は、西のアゾフ海周辺から黒海沿岸を通り、カフカス山脈北部の北カフカース地方を経て、東のカスピ海周辺に到る地方を結ぶ鉄道。軌間はロシア式の広軌で1520mm。ロストフ州の州都・ロストフ・ナ・ドヌに運行本部が置かれている。総延長は 6315.9 km、駅数は403である(2005年現在)。

ロストフ州クラスノダール地方スタヴロポリ地方アディゲ共和国カラチャイ・チェルケス共和国北オセチア共和国イングーシ共和国チェチェン共和国ダゲスタン共和国カルムイク共和国と10の連邦構成主体を通る鉄道路線である。

グロズヌイクラスノダールマハチカラミネラーリヌィエ・ヴォードィバタイスクタガンログなどが主要駅である。 また、夏季にはゲレンジークアナパソチなどの駅や区間は行楽客で賑わう。貨物輸送ではノヴォロシースクトゥアプセなど石油の積み出し港が重要な駅となっている。

歴史[編集]

1861年ロストフ州アクサイシャフティ間が最初に開通。

と延伸を重ね、1989年に全通した。