ミネラーリヌィエ・ヴォードィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミネラーリヌィエ・ヴォードィロシア語: Минера́льные Во́ды(ラテン文字表記:Mineralnye Vody))は、ロシアスタヴロポリ地方の町である。人口は75,644人(2002年)。地名の字義はミネラルウォーターあるいは鉱泉複数形)で、近くに有名な保養地であるカフカース鉱泉があることに因んだもの。鉄道駅から発展し、1922年から正式に現在の名称になった。

クマ川に沿って拓けた町でロストフ・ナ・ドヌに至る北カフカース鉄道や、アゼルバイジャンバクーに通じる鉄道が停まる交通の要衝である。またカフカース鉱泉への足としてこの地方で最大の国際空港があり、ロシア内外への便がある。

ミネラーリヌィエ・ヴォードィ
市中心部から南を望むパノラマ

座標: 北緯44度13分 東経43度08分 / 北緯44.217度 東経43.133度 / 44.217; 43.133