動脈硬化症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
動脈硬化症
分類及び外部参照情報
Endo dysfunction Athero.PNG
動脈硬化の過程
ICD-10 I70
ICD-9 440
DiseasesDB 1039
MedlinePlus 000171
eMedicine med/182
MeSH D050197
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

動脈硬化症(どうみゃくこうかしょう、arteriosclerosis)とは、動脈硬化により引き起こされる様々な病態の総称。

概要[編集]

心臓から全身に血液を送り込む役割を担う動脈の内壁が肥厚し硬化した状態を指して動脈硬化と呼称する。本症はこの動脈硬化が原因で身体にさまざまな症状が現れることを指す[1]

動脈硬化には、アテローム性動脈硬化(粥状動脈硬化)[2]、細動脈硬化、中膜石灰化硬化(メンケベルグ硬化)の3つのタイプが存在するが、一般に「動脈硬化」といえばアテローム性動脈硬化を指すことが多い[3][4]

アテローム性動脈硬化は、脂質異常症(旧・高脂血症)や糖尿病高血圧喫煙などの危険因子により生じると考えられ[4]、最終的には動脈の血流が遮断されて、酸素栄養が重要組織に到達できなくなる結果、脳梗塞心筋梗塞などを引き起こす原因となる[3]

最近では本症の危険因子の一つとして考えられている脂質異常症や、その脂質異常症を招く元となっている内臓脂肪型肥満(内臓脂肪の蓄積)[5]の上に高血糖・高血圧・脂質異常のうち2つ以上が集積した状態にあって動脈硬化を急速に進行させるといわれるメタボリックシンドローム[6]についての研究が盛んである。

特徴(タイプ別)[編集]

アテローム性動脈硬化[編集]

アテローム性動脈硬化(Atherosclerosis)とは、動脈の内側に粥状(アテローム性)の隆起(プラーク)が発生する状態。プラークは長い時間をかけて成長し血液を流れにくくしてしまったり、突然プラークが破れて血管内で血液が固まり(血栓)、動脈の内腔(血液の流れるところ)を塞ぐ場合、あるいは血栓が飛んでさらに細い動脈に詰まる(塞栓)ことで、血流を遮断し重要臓器への酸素や栄養成分の輸送に障害を来すことがある。このような状態は発生した臓器ごとに脳梗塞心筋梗塞などといい、心臓の場合、完全に血流が遮断されていない狭心症という状態も存在するため、心筋梗塞と併せて虚血性心疾患という病名が用いられることもある。

これらは、いずれも致死的な疾患であり医療経済学的側面からも対策が必要なことから、動脈硬化の発生予防は先進国における大変重要な国民保健的課題となっている。

アテローム性プラーク(粥腫)は、血管内膜下にリポ蛋白(コレステロールの担体)が蓄積されて起き、血液の流れの遅い部位(低壁せん断応力部位)に好発するが、その詳しい仕組みについてはまだよくわかっていない。フラミンガム研究などをはじめとする各種疫学研究により、現在、悪玉コレステロール(低密度リポ蛋白LDL)の血中濃度が高い場合、耐糖能障害をふくむ糖尿病患者、高血圧患者、喫煙者などでは動脈硬化が進行しやすいことが証明されており、こういった危険因子をコントロールして発症予防をおこなうことが推奨されている。具体的には食生活の改善、運動、禁煙などが有効であり、生活習慣を是正した上での降圧薬、脂質降下薬(特にLDLコレステロール低下作用のあるスタチン系)、糖尿病治療薬も併用されうる。

コレステロール低下療法については日本人における有効性を疑問視する研究結果もあれば有効性を支持する研究結果も出されている。これを支持する立場では、各種の海外研究と日本人における研究の比較研究(メタアナリシス)や、MEGA studyで虚血性心疾患の1次予防が認められたとして、日本動脈硬化学会による動脈硬化性疾患診療ガイドライン(2002年版)においても、危険因子の数に応じた患者カテゴリー分類と十分なコレステロール低下療法が推奨されているが、これに反対とする立場も存在し[7]意見が対立したままである。

他にもエイコサペンタエン酸(EPA)などが日本人の動脈硬化性疾患予防に有効であるとした疫学研究結果が報告されている。

細動脈硬化[編集]

血管壁の老化などに伴い動脈血管の弾力性がなくなり硬くなる症状。弾力性がないため血圧が高くなると血管が破裂しやすく、特に脳内で破裂すると身体の機能が突然麻痺する脳卒中になり易く、危険な病気。血圧を下げる薬を服用する以外に決定的な解決策はない。

中膜硬化(メンケベルグ硬化)[編集]

動脈の中膜にカルシウムが蓄積し骨化することで進行する動脈硬化。血管内部の狭窄は見られないものの[4]、進行につれて中膜が硬く脆くなり、血管(血管壁)破裂に至ることがある[8][9]大動脈下肢の動脈、頚部の動脈に起こりやすく、また50歳以上の男女に多く認められる[4]

動脈硬化症に起因する疾患[編集]

動脈硬化に纏わる映画(科学技術映画)[編集]

動脈硬化症につながる動脈硬化のメカニズムを追った短編映画が、藤沢薬品工業(現・アステラス製薬)の企画の下、ヨネ・プロダクションの手により1989年に製作されている。

作品タイトルは『動脈硬化 カルシウムとのかかわり』で、上映時間は「カラー・17分」。

本作品では、動脈硬化を患っている動脈断面(特に病巣断面)を観察、その後、動脈自体を構成し、それを収縮・弛緩する役割を担う血管平滑筋細胞が”遊走因子からの刺激”を受けて動脈(血管)内膜に入り込むと「収縮・弛緩」の役割を放棄して増殖を繰り返し、動脈内部を狭める要因になっていると指摘している。更に、以上の血管平滑筋細胞の活動にはカルシウムイオンが深く関わっていることを、蛍光試薬やカルシウム拮抗剤を使った実験などを通じて提示している。

そして、血管内膜に入り込んだ血管平滑筋細胞は、同じく内膜に入り込んだ白血球の一種・マクロファージと共に、LDLコレステロールなどのリポタンパク質を取り込むことで、内部にコレステロールエステルを抱える泡沫細胞に変化し、病巣を形成していることも本作品を通じて示されている[注 1]

本作品は現在、科学映像館Webサイト内に於いて無料公開されている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ マクロファージが血管内膜に入り込んでから泡沫細胞に変化するまでのプロセスに関しては、『マイナビニュース』2014年1月21日付掲載記事[10]、並びに『国立循環器病情報サービス』に掲載されている「[21]動脈硬化」ページ[11]が詳しい《尤も、例えばマクロファージが血中コレステロールを取り込むまでの過程の部分の説明に関して、『マイナビニュース』掲載記事では「血管に負担が掛かると血中のLDLコレステロールが血管内皮下に入り込んで酸化。この酸化LDLは周囲の細胞に対し毒性を有すことから、これを取り除くためにマクロファージが集まってくる」というふうに説明されているのに対し、『国立循環器病情報サービス』掲載記事では「刺激により内皮細胞が傷つくと血中の単球(白血球)が内皮細胞にくっついた上、内皮細胞の間から潜り込んで『マクロファージ』と呼ばれる状態に変身する。そして血中コレステロールが過多の状態になると、この『マクロファージ』が”呼び寄せ役”となって脂肪物質がどんどん取り込まれて蓄積し、内膜が厚くなってくる」というふうに説明されており、両者の間で捉え方の差異が認められる》

出典[編集]

  1. ^ 動脈硬化とは”. 健康の森. 日本医師会 (2009年5月). 2014年9月17日閲覧。→アーカイブ
  2. ^ アテローム性動脈硬化(粥状硬化)”. 健康用語辞典. healthクリック(ヘルスクリック). 2014年9月16日閲覧。→アーカイブ
  3. ^ a b 島田和幸(小山市民病院・病院長)《監修》. “2.動脈硬化のメカニズム”. 生活習慣病と動脈硬化(心筋梗塞、脳梗塞など). アステラス製薬. 2014年9月16日閲覧。→アーカイブ
  4. ^ a b c d アテローム動脈硬化”. メルクマニュアル医学百科 家庭版. メルク・アンド・カンパニー (2008年1月). 2014年9月16日閲覧。→アーカイブ
  5. ^ 宮崎滋(新山手病院・生活習慣病センター長). “メタボリックシンドロームのメカニズム(1) 動脈硬化編”. e-ヘルスネット[情報提供]. 厚生労働省. 2014年9月16日閲覧。→アーカイブ
  6. ^ 財団法人 循環器病研究振興財団《監修》. “メタボリックシンドロームってなに?”. メタボリックシンドロームを予防しよう. 厚生労働省. 2014年9月16日閲覧。→アーカイブ
  7. ^ 富山医薬大教授・浜崎智仁著 『コレステロールは高いほうが長生きする』 エール出版社 2003年11月15日発行
  8. ^ 動脈硬化の種類と起こり方”. 健康の森. 日本医師会 (2009年5月). 2014年9月16日閲覧。→アーカイブ
  9. ^ 【動脈硬化】 メタボが血管の老化現象を加速する”. 生活習慣病とその予防~気になる病気辞典. 全国健康保険協会 (2014年4月1日). 2014年9月17日閲覧。→アーカイブ
  10. ^ デイビー日高 (2014年1月21日). “筑波大など、マクロファージに関わる動脈硬化を悪化させるメカニズムを発見”. マイナビニュース”テクノロジー” (マイナビ). http://news.mynavi.jp/news/2014/01/21/295/ 2014年9月16日閲覧。 →アーカイブ]》
  11. ^ [21]動脈硬化”. 循環器病あれこれ「血管・血液」~国立循環器病情報サービス. 国立循環器病研究センター (2014年3月12日). 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]