出征兵士を送る歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
当時のキング版『出征兵士を送る歌』のレコードとスリーブ

出征兵士を送る歌』(しゅっせいへいしをおくるうた)は、日本軍歌(戦時歌謡)。作詞・生田大三郎、作曲・林伊佐緒。発売は1939年(昭和14年)10月。

概要[編集]

日中戦争支那事変)勃発以来、マスコミは積極的に軍歌(戦時歌謡・軍国歌謡)を公募して製作していたが、これは戦時下の戦意高揚のほかにも媒体の拡販につながるという利点があったが、そうした動きは当初は新聞社だけであった。その中で初めて大手出版社が製作した軍歌がこの『出征兵士を送る歌』である。

1939年、大日本雄辯會講談社(現・講談社)は陸軍省と提携して9大雑誌で宣伝し、歌詞と曲は読者から公募した。この公募には128,592件もの投稿があり、一等当選歌詞は神戸市の一読者・生田大三郎のものであった[1]。一等当選曲の作曲者・林伊佐緒は、当時、大日本雄辯會講談社系列のキングレコード専属のプロ歌手であったが一般応募だった。最初のレコードはキングレコードの有名歌手(林伊佐緒、樋口静雄児玉好雄三門順子井口小夜子横山郁子永田絃次郎長門美保)を総動員して発表された。

1930年代末の当時、戦地に赴く出征兵士や、徴兵志願などにより軍隊に入営する兵士を見送る歓送の場において用いる適当な軍歌は意外と少なく、それまでは広く愛唱されていた『日本陸軍』が使用されることが多かったが、日露戦争勃発年である1904年(明治37年)に作られた古い作品のため、歌詞がこの近代戦の時代にはそぐわないなどという声もあった。次に、1937年(昭和12年)に発表されていた戦時歌謡・『露営の歌』も使われたが、歌詞は物悲しく曲調は短調、逆に厭戦気分を煽りかねないとして出征歓送の場においては不適当と倦厭された。こうした背景もあり、歌詞・曲調ともに極めて勇壮で軍歌(戦時歌謡)としては一級品である『出征兵士を送る歌』は、国民のみならず軍隊においても大いに受け入れられヒットを飛ばし、続く大東亜戦争期も愛唱された。

戦後、林伊佐緒とボニージャックスが吹込みし、本家のキングレコードより発表された音源は、林自身の響き渡る力強い声量とボニージャックスのきめ細かい合唱、そしてキング吹奏楽団のクリアな演奏により屈指の名戦後音源となっている。


歌詞[編集]

一、
我が大君(おおきみ)に召されたる
命榮(は)えある朝ぼらけ
讚(たた)えて送る一億の
歓呼は高く天を衝(つ)く
いざ征けつわもの日本(にっぽん)男児

二、
華と咲く身の感激を
戎衣(じゅうい)の胸に引き緊(し)めて
正義の軍(いくさ)行くところ
誰(たれ)か阻まんこの歩武(ほぶ)を
いざ征けつわもの日本男児

三、
輝く御旗(みはた)先立てて
越ゆる勝利の幾山河(いくさんが)
無敵日本の武勲(いさおし)を
世界に示す時ぞ今
いざ征けつわもの日本男児

四、
守る銃後に憂いなし
大和魂揺るぎなき
國のかために人の和に
大盤石の此(こ)の備え
いざ征けつわもの日本男児

五、
あゝ万世の大君に
水漬(みづ)き草生す忠烈の
誓(ちかい)致さん秋(とき)到る
勇ましいかなこの首途(かどで)
いざ征けつわもの日本男児

六、
父祖の血汐(ちしお)に色映(は)ゆる
國の譽(ほまれ)の日の丸を
世紀の空に燦然(さんぜん)と
揚げて築けや新亞細亞(あじあ)
いざ征けつわもの日本男児

脚注[編集]

  1. ^ 林伊佐緒が1990年代昭和歌謡大全集で語ったところによると神戸の大丸の店員だったという。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]