内宿駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
内宿駅
ホーム遠景(2012年8月)
ホーム遠景(2012年8月)
うちじゅく - Uchijuku
羽貫 (1.1km)
所在地 埼玉県北足立郡伊奈町内宿台三丁目
所属事業者 埼玉新都市交通
所属路線 伊奈線(ニューシャトル)
キロ程 12.7km(大宮起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
4,251人/日
-2012年-
開業年月日 1990年平成2年)8月22日
駅入口(2005年7月20日撮影)

内宿駅(うちじゅくえき)は、埼玉県北足立郡伊奈町内宿台三丁目にある、埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル)の。同線の終点である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線の高架駅。1階には自動券売機改札口(簡易Suica改札機併設)、売店兼駅窓口がある。

改札内コンコースとホームの間には、エレベーターが設置されている。

のりば[編集]

1・2 伊奈線(ニューシャトル) 丸山大宮方面
  • 1番線発の列車は平日の朝夕合計4本のみで、それ以外の列車はすべて2番線発である。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員4,251人である。ニューシャトルの駅では大宮駅、鉄道博物館駅加茂宮駅今羽駅に次ぐ第5位。

開業以降の1日平均乗降人員は下表のとおりである。

年度別1日平均乗降人員[1][2]
年度 1日平均
乗降人員
1990年(平成02年) 935
1991年(平成03年) 1,075
1992年(平成04年) 1,209
1993年(平成05年) 1,395
1994年(平成06年) 1,476
1995年(平成07年) 1,504
1996年(平成08年) 1,595
1997年(平成09年) 1,724
1998年(平成10年) 1,787
1999年(平成11年) 1,866
2000年(平成12年) 2,095
2001年(平成13年) 2,183
2002年(平成14年) 2,245
2003年(平成15年) 2,326
2004年(平成16年) 2,454
2005年(平成17年) 2,754
2006年(平成18年) 3,105
2007年(平成19年) 3,413
2008年(平成20年) 3,739
2009年(平成21年) 3,873
2010年(平成22年) 3,985
2011年(平成23年) 4,143
2012年(平成24年) 4,251

駅周辺[編集]

「小針内宿」地区などを対象として、埼玉県によって行われた大規模な区画整理事業で造成された「内宿台」「西小針」地区が広がる。駅はここに建設される住宅地のために作られた様なもので、広い道路や住宅の整備は非常に進んだが、商業施設の進出は鈍い。駅前は更地のままの部分も多く閑散としている。駅前は2004年に区画整理の一環で整備が行われ、ロータリー設置、公衆トイレの改築、ベンチなどの設置が行われた。ロータリーには伊奈町循環バス「いなまる」北循環の停留所がある。

西側
  • 西光寺
東側
公園内に「バラ園」があることで、周辺市町からも来園者が多い。伊奈町は「バラの町・伊奈」を自称している。
  • 埼玉県県民活動総合センター(当駅より無料送迎バスあり。一部羽貫駅経由。)

路線バス[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
内宿駅 伊奈町循環バスいなまる
北循環
新宿新田・羽貫駅伊奈中央駅・伊奈町役場 総合センター 協同観光バス
ミッドナイトアロー伊奈・内宿   (内宿駅) 東武バスウエスト 深夜バス
降車専用(大宮駅発)
平日運転

延伸計画[編集]

当駅から北、熊谷駅方面の埼玉県警運転免許センター鴻巣市)までニューシャトルを延伸する計画がある。しかし、当駅以北は同線を通すための設備が上越新幹線の高架にないため、実現は難しいとされている。また、当駅から圏央道沿いを通り、みなみ北本駅(仮称)まで延伸する構想もある[3]

隣の駅[編集]

埼玉新都市交通
伊奈線
羽貫駅 - 内宿駅

脚注[編集]

  1. ^ 埼玉県統計年鑑
  2. ^ 統計いな
  3. ^ 議提第1号 埼玉新都市交通ニューシャトルを内宿駅からJR高崎線桶川・北本間新駅まで延伸整備することを求める意見書 (PDF) - 北本市議会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]