六本木プリンスホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
六本木プリンスホテル
Former Roppongi Prince Hotel Tokyo.jpg
旧六本木プリンスホテル遠景(2011年)
ホテル概要
正式名称 六本木プリンスホテル
ホテルチェーン プリンスホテル
部屋数 216室
駐車場 7台
開業 1984年9月27日
閉業 2006年12月25日
最寄駅 六本木一丁目駅溜池山王駅
最寄IC 首都高速都心環状線飯倉出入口
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木三丁目2番7号
位置 北緯35度39分54秒
東経139度44分15秒
座標: 北緯35度39分54秒 東経139度44分15秒
テンプレートを表示

六本木プリンスホテル(ろっぽんぎ– 、Roppongi Prince Hotel)は、かつて東京都 港区 六本木にあったプリンスホテル傘下のホテル。客室216室。開業当初は斬新なデザインの都市型ホテルとして注目されたが、バブル崩壊後の不況で客足が遠退き、2006年(平成18年)末に営業を終了した[1]

概要[編集]

六本木プリンスホテルは、1984年(昭和59年)9月27日に開業した。当時「麻布箪笥町」と呼ばれていた六本木三丁目の所在地にはフィンランド領事館が建っていたが、これをプリンスホテルが麻布台にあった旧麻布プリンスホテルの用地と等価交換するかたちで取得してホテルを新築したものである。

中庭温水プール(2010年)
ロビー階段(2010年)

ホテルは表通りからはやや奥まった傾斜地にあった。開業当時の最寄駅だった営団地下鉄 日比谷線六本木駅からは六本木通りの下り坂を溜池方面に600メートル以上進む必要があり、ホテルへのアクセスは必ずしも良いものではなかった[2]

設計は黒川紀章で、六本木プリンスホテルはその斬新なデザインを売りにしていた。

建物は中庭を取り囲んだ口の字型で、中庭の大部分は複雑な曲線を描く屋外温水プールになっていた。通りに面した外側はほぼ正方形で落ち着いた外観を呈しつつ、内側は建物の外壁が入り組んだプールの縁を沿うようにうねる独特な意匠になっていた。内側に面した各階の廊下は総ガラス張りでどこからもプールを見下ろすことができたほか、プール自体も側面の一部が透明アクリル板で作られており、ロビーやレストランからはまるで水族館で水槽の魚を見るようにプールで泳いでいる者を見ることができた。

ロビー横の階段はエッシャーの不思議絵をモチーフにしたようなデザインになっており、これも六本木プリンスホテルの特徴の一つとなっていた。

営業終了とその後[編集]

開業から20余年を経た2006年平成18年)、所有者だった西武鉄道は本ホテルを住友不動産に約407億円で売却、六本木ホテルは同年12月25日を最後に営業を終了した[3]。住友不動産はこれをビジネスホテルに改装し、翌年1月31日ヴィラフォンテーヌ六本木アネックス」として開業、この地区の再開発が始まるまでの期間限定で2011年(平成23年)11月20日まで営業していた。

補注[編集]

  1. ^ 「西武、"バブルのあだ花" 六本木プリンスホテル売却 クリスマスで営業終了」 『読売新聞』 2006年11月4日
  2. ^ その後1997年には営団銀座線溜池山王駅が、2000年には営団南北線六本木一丁目駅がより至近な地に開業、また同年には都営大江戸線が六本木駅に乗り入れ、六本木駅へのアクセルは大幅に向上した。
  3. ^ 「住友不動産、"六本木プリンスホテル"をビジネスホテルに」 『六本木経済新聞』 2007年2月2日