佐藤美香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

佐藤美香(さとう みか、1973年 - )は、大阪府交野市出身のピアニスト


略歴[編集]

4歳よりピアノを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て、同大学ソリスト・ディプロマ・コース入学。1994年よりフランス国立パリ高等音楽院に留学。1997年に同学院を全教授一致の1等賞にて卒業。

これまでにヨーロッパ各地、モロッコ日本各地でのリサイタルや室内楽のコンサート活動を行っており、アルノルド・カッツ指揮/ロシア国立交響楽団アントニー・ヴィット指揮/ポーランド国立放送交響楽団カジミエシュ・コルド指揮/ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団タデウシュ・ストルガラ指揮/ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団群馬交響楽団日本フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団大阪フィルハーモニー交響楽団東京都交響楽団といったオーケストラと共演。また、パリ、およびドゥニシキ(ポーランド)のショパン音楽祭に招かれた他、アヌシー(フランス)での巨匠ジャン=イヴ・フレモー(サックス)との共演、ガミング(オーストリア)でのコンサート、オーヴェール音楽祭(フランス)出演のほか、サル・ガヴォー、サル・コルトー(パリ)、モスクワ音楽院大ホール、ワルシャワ国立フィルハーモニーホール、王子ホール、カザルスホール、紀尾井ホール、津田ホール、東京芸術劇場、東京文化会館、いずみホール、京都コンサートホールなどの内外の著名なホールに出演し、圧倒的なスケール感、卓越した楽曲構成力、鮮やかなテクニックで聴き手を魅了して、大きな成功を収めた。

2010年より平成音楽大学客員教授に就任。

受賞歴[編集]