伊東乾 (作曲家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

伊東 乾(いとう けん、1965年1月27日[1] - )は日本作曲家指揮者作家東京都中野区生まれ。

経歴[編集]

空気中を伝播する物理的な音波と、人間が聞き取る心理的な音像(サウンド・イメージ)に差異がある事実に基づいて[要出典]、音楽制作にあたる。近年は各種マスメディアやインターネット上で作家活動も行う。

音高」「旋律」「和声」「音色」「アーティキュレーション」「テンポリズム」など、既存の音楽の分節要素を脳認知の観点から具体的に再検討し、音楽の枠組みに音声科学から「聴覚的錯覚」「カテゴリカル認知」等の概念を導入して、多チャネル・デジタル音楽環境を前提とする演奏や作曲、指揮、ミキシングの為の音楽基礎の体系化を試みた[2]

イヤホン・ステレオから漏れ聞こえるロックコンサートの音楽は、物理的には小音量だが知覚的には「大きな音」と認知される。これに対し、マイクロフォンに接して囁かれる小声を大音響で再生しても、主観的には「小さな音」と理解される。こうした現象は聴覚的錯覚として1950,60年代以後、音響認知脳科学で知られるようになった。人が音や音楽を聴く一般的な科学的枠組みを前提として、内外のポップステクノ民族音楽などさまざまな音楽を分析した。[要出典]

第1回出光音楽賞(1990年度)[3]東京都政50周年記念管弦楽作曲コンクール第1位(1993)や武満徹作曲賞第2位(1999年度、第1位は前田克治[4]を受賞。1999年NTTコミュニケーション科学基礎研究所客員研究員、慶應義塾大学兼任講師を経て2000年東京大学助教授(大学院情報学環・作曲=指揮・情報詩学研究室)[5]

履歴[編集]

1983年武蔵高等学校卒業、1990年東京大学理学部物理学科卒業、1992年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修士課程修了[5]、1995年同博士課程単位取得退学[5]、1999年東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論博士課程修了[5]博士(学術) 論文の題は「動力学的音楽基礎論 」[6]。2000年[5]東京大学大学院情報学環助教授、2007年准教授。

創作・演奏・研究[編集]

アメリカの作曲家ジョン・ケージの遺作 "OCEAN" 初演ではマース・カニングハム舞踊団やアマチュアオーケストラ新潟大学管弦楽団と共演し[7]指揮を行なった[8]。また、「京都賞」受賞を期に来日したギリシャ=フランスの作曲家イアニス・クセナキスを特集するテレビ番組を高橋悠治と共に準備し、テレビ朝日NHKに企画提案するなど[9]ジャンルを超えた活動を特徴とする。

松平頼則のオペラ「源氏物語」(1992-95 / 98-99)では作曲者の依頼を受け、ソプラノ歌手奈良ゆみのための源氏物語所収の和歌による連作歌曲を2幕のオペラに構成、オーケストレーションの手直し、エレクトロニクスの導入など創作段階から補佐し、世界初演の指揮・芸術監督、スコア、パートの校閲まで全責任を追った[10]。また黛敏郎急逝後の一時期(1997-99)、テレビ朝日系列「題名のない音楽会」の音楽アドバイザーを務めた。

東大助教授就任以後の2000年からは東京藝術大学との共同研究での、島津製作所の技術協力による音楽家の演奏中の脳血流可視化測定や、ルツェルン音楽祭ブーレーズ・アカデミーの協力による指揮のモーションキャプチャー解析など、認知脳科学、行動科学に基づく作曲と演奏の基礎研究を行う。

音楽とメディアの倫理[編集]

伊東の音楽基礎研究は、生理的な音響脳認知の基礎検証とともに、耳からもたらされる音情報が聴き手の意識に先立って情動を喚起し、それによって意思が決定してしまう、という生理メカニズムに基づく(「情動は気づきに先立ち、意思を決定する。」(『さよなら、サイレント・ネイビー』))。

この観点から、20世紀初頭のラジオ映画などマスメディアの誕生が人類にファシズムをもたらした経緯を踏まえる。東京大学教養学部・全学必修科目「情報処理」「情報」を担当する教員の一人であった伊東により、伊東の担当したクラスにおける「破壊的メディアマインドコントロール予防教育」カリキュラムといった情報教育に、その成果は応用された(2000-2006)[11][出典無効]。今は[いつ?]東京大学で院生を指導する立場にない[12]

2006年、東京大学理学部物理学科・同大学院時代の同級生である地下鉄サリン事件実行犯、豊田亨被告周辺を取材し、マインドコントロールの問題を追った『さよなら、サイレント・ネイビー』(集英社)で開高健ノンフィクション賞を受賞[13]。そのほかの活動として、米国ノースカロライナ州フォートブラッグ基地 (Fort Bragg) に体験入隊してイラク戦争に派遣される米兵の内面を追ったドキュメンタリー「イラク増派に揺れる基地の町」(NHK・BS「地球特派員2007」)[14]マインド・コントロール刑事責任能力の関係を論じた団藤重光との連続対談[15]がある。

作品[編集]

  • 変奏曲(室内アンサンブル)Variation(1981-82)
  • 戦傷(ソプラノ、テノールとオーケストラのためのミニチュア・オペラThe Wound(1982-83)
  • Meteore Galactique(8トロンボーン)(日本大学芸術学部トロンボーンアンサンブル委嘱)(1987)
  • Clarte Statique(6バリトン、3チューバ)(日本大学芸術学部バリトン・チューバアンサンブル委嘱)(1988)
  • 解放(室内アンサンブル)emancipation(1987-88)
  • Raummusik nach J.S.Bach(4バリトン、4チューバ)(日本大学芸術学部バリトン・チューバアンサンブル委嘱)(1989)
  • 朝(打楽器、声)mo(u)rning(1988-90)
  • 観測(室内アンサンブル)measurement(1990)
  • 天路歴程(オーケストラ、混声合唱)Pilgrim's Progress(1990)
  • 嬬艮(フルート、ピアノ)Dugong(1991)
  • 天涯の碑(オーケストラ)A Crucifix in Exile(1991-92)(京都市交響楽団委嘱作品)
  • 宇宙樹の森(ウインドオーケストラ) Forest of Dendrocosmos(1992-3)(東京佼成ウインドオーケストラ委嘱作品)
  • コスモストロフ(ピアノとオーケストラ)Cosmostrophe (1993)
  • ミカ サッフォーの詩による愛と死の歌(ソプラノ、トランペットとオルガン)Mika(1993)
  • フェスティナ・レンテ ゆっくり急げ!1(フルート、トランペット、ライブエレクトロニクス) Festina Lent (1993-94)
  • フェスティナ・レンテ ゆっくり急げ!2(フルート、トランペット、オーケストラとライブエレクトロニクス)Festina Lent (1994)(東京フィルハーモニー交響楽団委嘱作品)
  • 波濤図 Sueges(1995) Invited piece by Musiana Festival, Denemark.
  • 原喧騒 Das Urgeraeusche(1995-6) Commissioned by Elision Ensemble
  • フロリダ三角形 Florida Triangle 高橋悠治、Phillip Gerbとのイヴェント(1996)
  • ダイナモルフィア(互いに調律の異なる3群のアンサンブル)Dinamorphia(1998)
  • マルセル・デュシャンジョン・ケージによる能オペラ 邯鄲Quand/Temps(1999)(アートキャンプ白州 能楽ワークショップ/新潟市民文化会館武満徹追悼プロジェクト委嘱・制作作品)
  • 飛花落葉・ナガサキ(琴歌)(1999)(吉村七重委嘱)
  • 松浦寿輝の三つの詩(ソプラノとピアノ)(2000)(岩崎淑委嘱)
  • 交響楽 KouKyouRaku=Philharmonia(2001-) 全面改稿中(読売日本交響楽団委嘱作品)
  • 朝 声のめざめ(混声合唱)Mo(u)rning (2001)(東京混声合唱団委嘱作品)
  • 説教あぽとおしす縁起(雅楽と声明)(2002)(神奈川県立音楽堂委嘱作品)
  • 小乱声・囀・音取(ピアノと木管)(2002)(一柳慧委嘱)
  • 大岡信の二つの詩(木馬・光のくだもの)(テノールとピアノ)(2003)(新しいうたを作る会委嘱作品)
  • Positions(木管と打楽器)(2005)
  • 百折不撓(弦楽合奏とハープ、チェレスタ)Hyakusetsu Futo(2005)
  • 無窮花 Mugunfa(トランペット)(2006)(曽我部清典委嘱)
  • 調教と傷心のアメリカ(バリトン、トランペット、ピアノ)America, trained and heart-broken...(2007)(双子座三重奏団委嘱)
  • 北斎による眩惑(12打楽器)Revertige apres HOKUSAI (2007-)

演奏[編集]

To extinguish Telos (1999) with Kazuo OHNO, Arata ISOZAKI & Toshi ICHIYANAGI

著書[編集]

  • 『さよなら、サイレント・ネイビー 地下鉄に乗った同級生』集英社 2006 のち文庫
  • 『東大式絶対情報学』講談社 2006
  • 『超「東大脳」の育て方』PHP研究所 2007
  • 『ケダモノダモノ 調教と傷心のアメリカ』集英社 2007
  • 『バカと東大は使いよう』朝日新書 2008(ISBN 978-4022732163
  • 『日本にノーベル賞が来る理由』朝日新書、2008(ISBN 978-4022732521
  • 『楽しい騙しのインテリジェンス? マリック直伝!サギのイロハと撃退法』にんげん出版 モナド新書 2009
  • 『ニッポンの岐路裁判員制度 脳から考える「感情と刑事裁判」』洋泉社 新書y 2009
  • 『ルワンダ・ワンダフル!』解放出版社 シリーズ向う岸からの世界史 2009
  • 『「笑う脳」の秘密! 賢い人のアタマは何が違うのか?』祥伝社 2009
  • 『サウンド・コントロール 「声」の支配を断ち切って』角川学芸出版 2011
  • 『指揮者の仕事術』光文社新書 2011
  • 『人生が深まるクラシック音楽入門』幻冬舎新書 2011
  • 『笑う親鸞 楽しい念仏、歌う説教』河出書房新社 2012
  • 『なぜ猫は鏡を見ないか? 音楽と心の進化誌』NHKブックス 2013

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ciber literacy @ Komaba 000419”. 2007年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月15日閲覧。
  2. ^ 『動力学的音楽基礎論』東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学研究専攻博士論文
  3. ^ 出光音楽賞歴代受賞者
  4. ^ [武満徹作曲賞] 1999年度審査員 ルチアーノ・ベリオ
  5. ^ a b c d e http://blog.iii.u-tokyo.ac.jp/iii/staff/ito.html
  6. ^ 動力学的音楽基礎論 伊東乾”. 国立国会図書館. 2013年5月14日閲覧。
  7. ^ 伊東に言及していないものの、新潟大学管弦楽団の沿革にマース・カニングハム舞踊団との共演についての記述がある。
  8. ^ マース・カニングハム舞踊団[プログラム] : 日本公演
  9. ^ 雑誌「インターコミュニケーション」に関連の鼎談が掲載されている。NHK番組では高橋によるクセナキスのピアノ曲「ヘルマ」全曲の初テレビ収録(未放送)等が行われた
  10. ^ 1992-95, Partitura; Edition Durand-Salabert-Eschig
  11. ^ 『絶対情報学』講談社
  12. ^ 青春と読書 特集『さよなら、サイレント・ネイビー』とノンフィクションの魅力 伊東乾氏によせるエール イトケンシュタインの冒険 上野千鶴子”. 2009年10月14日閲覧。 “イトケンシュタインこと伊東乾は、不良(ワル)である。なにしろ、指導が悪いからといって、院生の指導教員をはずされたというのだから、札付きである。”
  13. ^ 集英社 開高健ノンフィクション賞
  14. ^ NHKアーカイブス 保存番組検索: 地球特派員2007 イラク増派に揺れる基地 開戦4年 アメリカの苦悩
  15. ^ 『反骨のコツ』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]