三猿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三猿(さんざる、さんえん)とは3匹のが両手でそれぞれを隠している意匠である。三猿は世界的にも"Three wise monkeys"として知られ、「見ざる、聞かざる、言わざる」という叡智の3つの秘密を示しているとされる。

三猿の起源と日本における三猿[編集]

日本語の語呂合わせから日本が三猿発祥の地と思い込む人は多いが、3匹の猿というモチーフ自体は古代エジプトやアンコールワットにも見られるもので、シルクロードを伝い中国を経由して日本に伝わったという見解がある[1] 。「見ざる、聞かざる、言わざる」によく似た表現は古来世界各地にあり、同様の像も古くから存在する。しかしそれぞれの文化によって意味するところは微妙に異なり、またその起源は未だ十分に解明されておらず、今後の研究と調査に委ねるところが大きい。

論語』に「非礼勿視、非礼勿聴、非礼勿言、 非礼勿動」(礼にあらざれば視るなかれ、礼にあらざれば聴くなかれ、礼にあらざれば言うなかれ、礼にあらざればおこなうなかれ)という一節がある[2]。一説に、こうした「不見・不聞・不言」の教えが8世紀ごろ、天台宗系の留学僧を経由して日本に伝わったという。三猿のモチーフは、庚申信仰の伝播とともに近世以降広く用いられるようになり、主尊の青面金剛を描く際、その足元に三猿が添えられた例が多い。また庚申塔にも多く三猿が彫り込まれている。天台宗は比叡山の鎮護社の日吉大社と密接な関係にあり、日吉大社を本尊とし、猿を神使とする山王信仰が、庚申信仰と習合した結果ともいう。

南方熊楠によれば青面金剛と猿の関係はインドに起源があり、青面金剛はインドのラーマーヤナ説話の主人公・ラーマの本体たるヴィシュヌ神の転化であり、三猿はラーマに仕えたハヌマーンの変形という[3][4]。また庚申の「申=さる」である、庚申信仰で人の悪事を監視して天帝に報告する三匹の「三尸虫」を封じるため、悪事を見聞きせず、話さない三匹の猿を出したなどの説もある。江戸中期に出版された『和漢三才図会』の「庚申」の項を見ると三猿の挿絵が添えられており[5]、「庚申=三猿」のイメージが定着していたことを伺わせる。


各国における三猿[編集]

江戸初期の左甚五郎作と伝える日光東照宮のレリーフは、明治時代になると海外にも紹介され、やがて世界的に最も有名な三猿のひとつとなった。

インドマハトマ・ガンディーは常に3匹の猿の像を身につけ「悪を見るな、悪を聞くな、悪を言うな」と教えたとされており、教科書などに「ガンディーの3猿」が掲載されている。またアメリカ合衆国では教会日曜学校などで三猿を用い猥褻なものを見たり、性的な噂を聴いたり、嘘や卑猥なことを言わないよう諭すことがある。

三猿コレクション[編集]

大阪府に所在する国立民族学博物館には世界の三猿コレクションがある。同博物館の民族文化研究部教授中牧弘允によって、図集が出版されている。

脚注[編集]

  1. ^ 「世界の三猿-その源流を[[たずねて」 飯田道夫 2009年 人文書院
  2. ^ 中国では今日でも妊娠中の女性は胎教の観点から「目は悪色を視ず、耳は淫声を聴かず、口は敖言を出さず」という戒めを受ける。朝鮮半島においても、結婚前の女性は「見ても見ぬふり、聞いても聞こえないふりをして、言いたくても言うな」と教育される。
  3. ^ 南方熊楠『十二支考』「猴に関する伝説」青空文庫
  4. ^ 中村禎里『日本動物民俗誌』 海鳴社、1987年。 9-14ページ
  5. ^ 寺島良安 『倭漢三才図会』(漢文による復刻版)、中外出版社、1901(明治34)年。[1]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 秩父神社 - 埼玉県秩父市中心部にある神社。本殿には、日光東照宮の三猿と正反対の「よく見て・よく聞いて・よく話す」三猿(お元気三猿と呼ばれる)の彫り物がある。本殿は1592年天正20年)に徳川家康が寄進したものであり、建築様式は後の日光東照宮のモデルになったとされる。

外部リンク[編集]