ヴィクトル・ウルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィクトル・ウルマンViktor Ullmann, 1898年1月1日 - 1944年10月18日)は、チェコスロバキア作曲家指揮者ピアニスト。彼の音楽はナチス・ドイツに「頽廃音楽」とレッテルを貼られ、弾圧された。

生涯[編集]

ユダヤ系の両親の下に生まれたが、両親はヴィクトルが生まれる前にカトリックに改宗していた。父のマクシミリアン・ウルマンはオーストリア=ハンガリー帝国軍の将校で第1次世界大戦時に貴族になった。1918年にはウィーン大学シェーンベルクに作曲を師事。その翌年の1919年にはプラハに移り住み、ツェムリンスキーの計らいによって新ドイツ劇場(現在のプラハ国立歌劇場)やウースチー・ナド・ラベムの歌劇場で指揮者として活躍した。

作曲家としても、1923年に「Sieben Lieder mit Klavier(7つの歌曲)」を発表したのを最初に、歌曲を中心にさまざまな作品を発表した。特に1929年に発表した「シェーンベルク変奏曲」は、ジュネーブ音楽祭で評価された(のちに管弦楽版がヘルチュカ賞を受賞)。また1930年代にはさまざまな雑誌に音楽評論などを執筆。同時期に作曲家アロイス・ハーバと知り合い、1935年から1937年の間彼の元で勉強した。

1940年にはナチス・ドイツがプラハへ侵攻し、ユダヤ人のウルマンも命の危険を感じて一時スイス人智学協会のところに身を寄せたがヴィザが更新されず、来た国に強制的に追い返された。1942年に囚われの身となりテレジン強制収容所に入れられ、曲をプロパガンダのために初演させられた。その後1944年アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に身柄を移され、同じ年の10月18日ガス室で命を落とした。

ウルマンはテレジン収容所に収容されるまでに41曲を作曲したが、その多くが消失した。しかしテレジンで作曲・初演して残した作品のほとんどは現存しており、デッカの「頽廃音楽シリーズ」などによって音源化されている。

主要な作品[編集]

これ以外に歌曲を比較的多く遺している。

文献[編集]

  • Spuren zu Viktor Ullmann. Mit Beiträgen von Viktor Ullmann, Herbert Thomas Mandl, Dzevad Karahasan, Ingo Schultz und Herbert Gantschacher (Hrsg. ARBOS - Gesellschaft für Musik und Theater / Wien: edition selene 1998), ISBN 3852660939
  • Hans-Günter Klein: „Lebe im Augenblick, lebe in der Ewigkeit“. Die Referate des Symposions aus Anlaß des 100. Geburtstags von Viktor Ullmann in Berlin am 31. Oktober/1. November 1998, Saarbrücken 2000, ISBN 3-89727-099-4
  • Ingo Schultz: Lexikon-Artikel im New Grove, second edition, Oxford University Press 2001.
  • Ingo Schultz: Lexikon-Artikel im MGG, Kassel 2006.
  • Herbert Thomas Mandl „Spuren nach Theresienstadt“ (über Theresienstadt und Viktor Ullmann) DVD, ARBOS Wien-Salzburg-Klagenfurt 2007
  • Naegele, Verena: Viktor Ullmann. Komponieren in verlorener Zeit. Köln: Dittrich, 2002, ISBN 3-920862-40-6
  • Initiative Hans Krása, Verein der Freunde und Förderer der Theresienstädter Initiative e.V. (Hrsg.): Komponisten in Theresienstadt. 2. Auflage. Hamburg 2001, ISBN 3-00-005164-3
  • „Zeuge und Opfer der Apokalypse“ Ausstellungskatalog über Viktor Ullmann, Erster Weltkrieg und die Oper „Der Kaiser von Atlantis oder Die Todt-Verweigerung“ von Herbert Gantschacher, ARBOS Wien-Salzburg-Klagenfurt-Arnoldstein 2007
  • Erich Heyduck / Herbert Gantschacher „Viktor Ullmann - Weg an die Front 1917“ DVD ARBOS Wien-Salzburg-Klagenfurt 2007
  • Hans-Günter Klein (Hrsg.): Viktor Ullmann - MaterialienHamburg 1997.ISBN 3-928770-40-3
  • Ingo Schultz: Verlorene Werke Viktor Ullmanns im Spiegel zeitgenössischer Presseberichte. ISBN 3-928770-10-1
  • Ingo Schultz: Leben, wo alles Musische im Gegensatz zur Umwelt steht. Viktor Ullmann zum 100. Geburtstag, in NOVALIS Nr. 12/1, Schaffhausen 1997
  • Ingo Schultz, Viktor Ullmann. Leben und Werk. Kassel 2008. ISBN 978-3-476-02232-5
  • Viktor Ullmann - Die Referate des Symposions anläßlich des 50. Todestages 14.-16. Oktober 1994 in Dornach. Hamburg 1996
  • Viktor Ullmann: 26 Kritiken über musikalische Veranstaltungen in Theresienstadt.Hrsg. und kommentiert von Ingo Schultz,ISBN 3-928770-08-X

外部リンク[編集]