アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンダー・フォン・
ツェムリンスキー
Alexander von Zemlinsky
}
基本情報
出生 1871年10月14日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ウィーン
死没 1942年3月15日(満70歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ラーチモント
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家
指揮者
音楽教師

アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキーAlexander (von) Zemlinsky, 1871年10月14日 - 1942年3月15日)は オーストリア作曲家指揮者・音楽教師。

生涯[編集]

生い立ちとデビューまで[編集]

ウィーンにて多文化的な家庭環境に生まれる。父方の祖父アントン・ゼムリンスキ (Anton Semlinski) はヴォイヴォディナ出身で、ハンガリーからオーストリアに移住し、ユダヤ系オーストリア人の女性と結婚した。ゼムリンスキ夫妻はいずれもローマ・カトリック信者であった。そのためツェムリンスキーの父アドルフは、カトリック教徒として洗礼を受けている。ツェムリンスキーの母クララ・セモ (Clara Semo) はサラエヴォ出身で、セファルディユダヤ人の父親と、ボスニア出身のムスリムの母親との混血であった。ツェムリンスキーは、両親がユダヤ教改宗したため、ユダヤ人として養育された。また父親は、祖先に授爵された者がないにもかかわらず、の前に前置詞「フォン (von)」を添えるようになり、また Semlinski ではなく Zemlinszky と綴るようになった[1]

少年時代からピアノを始めて、休日にはシナゴーグオルガンを弾くようになり、1884年にはウィーン音楽院にも入学した。ピアノをカール・ツェルニー門下のアントン・ドーア英語版に師事し、1890年にピアノ科で表彰される。その後まもなくローベルト・フックスに作曲を師事し、作品を書き始める。

ツェムリンスキーは、ヨハネス・ブラームスの有力な後押しに恵まれた。《クラリネット三重奏曲 ニ短調》作品3(1896年)を出版するようジムロック社に推薦してくれたのもブラームスだった。1895年にツェムリンスキーが結成したアマチュア・オーケストラ「ポリュヒュムニア」 (Polyhymnia) において、チェリストとして入団したシェーンベルクと出会う。二人は親しい友人となっただけでなく、後にシェーンベルクがツェムリンスキーの妹マティルデと結婚したことから、義理の兄弟となった。ツェムリンスキーはシェーンベルクに対位法の指導を行なっているが、これは結局シェーンベルクが受けた唯一の公式な音楽教育となった。ツェムリンスキーの門弟はほかに、アルマ・マーラーカール・ヴァイグルエーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルトらがいる。

1897年に《変ロ調の交響曲》がウィーンで初演され、成功を収めた。1899年にはウィーン・カール劇場の楽長に就任。1900年グスタフ・マーラーウィーン宮廷歌劇場にて歌劇《昔あるとき (Es war einmal...)》の初演を指揮すると、作曲家としての名声はさらに高まった。

アルマ・シントラー[編集]

アルマ・シントラーと出逢って作曲の指導をするうち、ツェムリンスキーは恋に落ちる。当初アルマはツェムリンスキーと互いに感情を分かち合っていた。だが、友人や肉親から、その関係を打ち切るように強い圧力を受けてもいたのである。ツェムリンスキーは、国際的な知名度がないことや、容姿の醜さばかりが目に付いたからだった。アルマ自身も、ツェムリンスキーが不細工だと思うと口走っている。どうやらこの言葉が、終生にわたってツェムリンスキーに影響を及ぼしたらしい。結局アルマ・シントラーはツェムリンスキーと別れて、程なく1902年マーラーと結婚することになる。

ツェムリンスキー本人は、1907年にイーダ・グットマン (Ida Guttmann) と結婚したが、幸せな結婚生活ではなかった。1929年にイーダ夫人が他界すると、1914年から声楽の弟子だった、29歳年下のルイーゼ・ザクセル (Luise Sachsel) と結婚した。今度の結婚生活は前より幸福で、作曲家の死まで続いた。

後半生[編集]

1906年にツェムリンスキーは、新設されたウィーン・フォルクスオーパーの初代首席指揮者に任命される。1911年から1927年まで、プラハ・ドイツ国立劇場プラハ国立歌劇場の前身)の指揮者に転身し、1924年にシェーンベルクの1幕オペラ《期待》を初演した。その後ベルリンに移り、教鞭を執るかたわら、オットー・クレンペラーのもとでクロールオーパーの指揮者を務めた。

ナチス・ドイツが擡頭するのに伴い、1933年にウィーンに逃れるが、公職に就かずに作曲に専念し、たまに客演指揮者として出演することもあった。1938年アメリカ合衆国に亡命し、ニューヨーク・シティに定住する。シェーンベルクがロサンジェルスで名士として持て囃され、1930年代1940年代を通じて、カリフォルニア大学ロサンゼルス校南カリフォルニア大学の教壇に立ち、後進の支持を得たのに対して、ツェムリンスキーは見知らぬ土地で無視され、無名も同然であった。英語が分からず、病気がちで一連の心臓発作に悩まされ、このため作曲を続けられなかった。1942年にニューヨーク州ラーチモントにおいて肺炎のために逝去した。

評価[編集]

生前においては卓越した指揮者として声望があり、とりわけモーツァルトオペラの上演によってワイルストラヴィンスキーから評価されただけでなく、同時代の音楽の指揮にも尽力した。ピアニストとしての力量を証明するような録音を残してはいないものの、指揮者としていくつかの管弦楽曲を録音している。


先代:
初代
ウィーン・フォルクスオーパー
総監督
1906 - 1911
次代:
ラウル・マーダー
先代:
レオ・ブレッヒ
プラハ・ドイツ歌劇場
総監督
1911 - 1927
次代:
ジョージ・セル

作品[編集]

ツェムリンスキーのもっとも有名な作品は、おそらく《抒情交響曲》(1923年)である。ソプラノバリトンの独唱者がベンガルの詩人タゴールによる詩(のドイツ語訳)を、6つの楽章にわたって歌う。この作品をツェムリンスキー自身が、出版社への書簡の中で、マーラーの「大地の歌」と比較している。この作品は、アルバン・ベルクの「抒情組曲」に影響した。この作品はツェムリンスキーに献呈され、曲中で抒情交響曲が引用されている。

3楽章の《シンフォニエッタ》(1934年)は、年少のヒンデミットやワイル、ショスタコーヴィチらにも比すべきモダンでシニカルな要素が散りばめられており、シェーンベルクにも評価された。

1905年1月25日にシェーンベルクの《ペレアスとメリザンド》と並んでウィーンで初演された交響詩人魚姫 (Die Seejungfrau)》は、ブラームス派から離れて、新ドイツ楽派に急接近した時期の所産である。4つめの楽章を付け加えて「死の交響曲」として発展させる計画もあったようだが、それは果たされずに終わった。ツェムリンスキーの没後に総譜が散逸したが、後に第1楽章がウィーンに、第2楽章以下が米国議会図書館に保管されていることが判明し、1980年代よりペーター・ギュルケ指揮による復活上演を皮切りに、リッカルド・シャイーゾルターン・ペシュコージェームズ・コンロンらの指揮者が相次いでCDに録音を行うようになった。

ツェムリンスキーのその他の作品として、オスカー・ワイルド原作の2つの歌劇《フィレンツェの悲劇 (Eine Florentinische Tragödie)》(1915 - 16年)と《王女の誕生日(こびと) (Der Geburtag der Infantin)》、ホフマンスタール台本によるバレエ音楽《ガラスの心臓(時の勝利) (Der Triumph der Zeit)》(1901年)がある。

ブラームスの影響は、初期作品に認められるが、後の作品では、ワーグナーによって用いられ、リヒャルト・シュトラウスやマーラーにも影響された、ある種の拡張された和声法を援用している。友人であるシェーンベルクとは対照的に、ツェムリンスキーは決して無調音楽を作曲せず、12音技法も用いなかった。ただし、未完に終わった最後の歌劇《カンダウレス王》(アントニー・ボーモントにより補筆)は、表現主義的な傾向も見受けられる。その一方、近代フランス音楽の影響により、1910年代から旋法性、1920年代から多調性・複旋法性を導入しており、晩年に向かうに連れて、調性感の稀薄な傾向が顕著となっている。

主要作品一覧[編集]

管弦楽曲[編集]

室内楽曲[編集]

  • クラリネット三重奏曲 ニ短調 作品3(1896年
  • 弦楽四重奏曲 第1番 イ長調 作品4(1896年)
  • 弦楽四重奏曲 第2番(嬰ヘ短調/ニ短調)作品15(1913年1915年作曲、1918年ウィーン初演)
  • 弦楽四重奏曲 第3番 作品19(1924年
  • 弦楽四重奏のための2つの楽章(1927年
  • 弦楽四重奏曲 第4番「組曲」 作品25(1936年
  • クラリネット四重奏のための2つの断章(1938年/1939年
  • 木管五重奏のためのユーモレスク(ロンド) 変ロ長調 Humoreske (Rondo)1939年
  • 2つのホルンとピアノのための狩の音楽 ヘ長調 Hunting Piece(1939年)

ピアノ曲[編集]

  • 田園舞曲 Ländliche Tänze 作品1 (1891年/92年)
  • 4つのバラード Balladen (1892年)
  • アルバムの一様「ウィーンの想い出」 Albumblatt (Erinnerung aus Wien) (1895年
  • スケッチ Skizze1896年
  • フーガ ト短調 Fuge in g-Moll
  • リヒャルト・デーメルの詩による4つの幻想曲 作品9 (1898年
  • メヌエット(《ガラスの心臓》より、1901年)

舞台音楽[編集]

  • オスカー・ゲラーの台本によるピアノのためのマイムドラマ《一条の光(Ein Lichtstrahl)》(1901年作曲、1902年改訂)
  • ホフマンスタールの台本による舞踊詩《ガラスの心臓 (Das gläserne Herz)》(1901年–04年、初稿はバレエ音楽《時の勝利 (Der Triumph der Zeit)》[1901年])
  • シェイクスピア戯曲のための付随音楽シンベリン (Cymbeline)》(テノールと語り手、管弦楽のための、1913年1915年

歌劇・楽劇[編集]

合唱曲[編集]

  • ソプラノ、バリトン、混声合唱と管弦楽のためのパウル・ハイゼの詩によるカンタータ《春の埋葬 (Frühlingsbegräbnis)》(1896年/97年、1903年改訂)
  1. Horch! vom Hügel, welch' sanfter Klang
  2. Schöner Jüngling
  3. Wie lieblich er ruht
  4. Stumm in Wehmut schaut der Mong herab'
  5. Und ein Specht klopft an den Föhrenstamm
  6. Als so weihevoll der Alte sprach
  7. Horch! vom Hügel welch' ein wilder Klang?
  • 独唱者、混声合唱と管弦楽のための詩篇第83番 Psalm 83 (1900年)
  • 合唱と管弦楽のための詩篇第23番 作品14 Psalm 23 作品14 (1910年作曲・ウィーン初演)
  • 合唱と管弦楽のための詩篇第13番 作品24 Psalm 13 (1935年)
  • ルートヴィヒ・ウーラントの詩による合唱と管弦楽のための春の信仰 Frühlingsglaube
  • 混声合唱と弦楽合奏のための秘密 Geheimnis for mixed chorus and string orchestra
  • ハインリヒ・ハイネの詩による合唱と室内楽のための愛の歌 Minnelied
  • テノール独唱と合唱、オルガンのための婚礼歌 Hochzeitgesang (ユダヤ教典礼による)
  • 女声合唱のための Aurikelchen (デーメルの詩による)

管弦楽伴奏歌曲[編集]

  • ソプラノ独唱と弦楽六重奏のための Maiblumen blühten überallデーメルの詩による、1902年ごろ/03年)
  • モーリス・メーテルランクによる6つの歌 Sechs Gesänge 作品13 (ピアノ版からの編曲、1913年および21年)
  • 交響的歌曲 作品20 Symphonische Gesängeアフリカ系アメリカ人詩人のアンソロジー『歌うアフリカ(Afrika singt)』による。1929年

ピアノ伴奏歌曲[編集]

  • 歌曲集 Lieder 作品2 (1894/96年)
  • Gesänge 作品5 (1897年)
  • フェルディナント・グレゴロヴィウスの『トスカーナの歌』によるワルツの歌 Walzer-Gesänge nach toskanischen Liedern von Ferdinand Gregorovius 作品6 (1898年)
  • ばらのイルメリンとその他の歌 Irmelin Rose und andere Gesänge 作品7(1898年/99年)
  • 塔守りの歌とその他の歌 Turmwächterlied und andere Gesänge 作品8(1898年/99年)
  • めおとダンスの歌とその他の歌 Ehetanzlied und andere Gesänge 作品10(1899年–1901年)
  • モーリス・メーテルリンクの詩による6つの歌曲 Sechs Gesänge nach Gedichten von Maurice Maeterlinck 作品13(1913年)
  • 6つの歌曲 Sechs Lieder 作品22(1934年作曲・プラハ初演)
  • 12の歌曲 Zwölf Lieder 作品27(1937年)
  • キルケーの歌 Lied der Circe(1939年。オペラ作曲のために着手されたアリア。ピアノ伴奏部はボーモント補筆)
  • 3つのソング Three Songs(アル・ロバーツ Al Roberts 名義でチャペル社より出版。ブロードウェイのレビューを意識した作風による。)
    • Chinese Serenade
    • My Ship & I
    • Love, I mustbsay goodbye

参考文献[編集]

  1. ^ [1]
  • Antony Beaumont: Zemlinsky. Faber and Faber, London 2000, ISBN 0-571-16983-X
  • Alexander Zemlinsky: Briefwechsel mit Arnold Schönberg, Anton Webern, Alban Berg und Franz Schreker, hrsg. von Horst Weber (= Briefwechsel der Wiener Schule, Bd. 1). Wissenschaftliche Buchgesellschaft, Darmstadt 1995, ISBN 3-534-12508-8 This volume includes letters by Schoenberg and Zemlinsky concerning their work on Die Seejungfrau and Pelleas and Melisande.
  • Zemlinsky, Alexander (von) by Alfred Clayton, in 'The New Grove Dictionary of Opera', ed. Stanley Sadie (London, 1992) ISBN 0-333-73432-7

外部リンク[編集]