ヴァイオリン協奏曲 (リゲティ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リゲティヴァイオリン協奏曲 は、1990年に作曲されたヴァイオリン管弦楽のための協奏曲。当初は3楽章形式で作曲されたが、1992年に改訂され現行の5楽章形式となった。

初演[編集]

1990年11月3日 ケルンにて、サシュコ・ガヴリーロフの独奏、ベルティーニ指揮のケルン放送交響楽団により演奏(3楽章形式)された。 現行の5楽章形式のものは、1992年10月8日 同じくケルンにて、ガヴリーロフの独奏、エトヴェシュ指揮のアンサンブル・モデルンにより演奏された。

編成[編集]

ソロ
独奏ヴァイオリン
木管楽器
フルート2(アルトフルートピッコロソプラノリコーダーアルトリコーダー持ち替え)
オーボエ1(オカリナ持ち替え)
クラリネット2(Es管クラリネットバスクラリネット、オカリナ2持ち替え)
ファゴット1(オカリナ持ち替え)
金管楽器
ホルン2
トランペット1
トロンボーン1
打楽器
ティンパニ
吊りシンバル
タムタム
ウッドブロック
小太鼓
大太鼓
クロタル
チャイム
ゴング
グロッケンシュピール
ヴィブラフォン
シロフォン
マリンバ
スワニーホイッスル
弦楽器
ヴァイオリン1(スコルダトゥーラ)※通常よりすべての弦を45%高くチューニングする。
ヴァイオリン4
ヴィオラ1(スコルダトゥーラ)※通常よりすべての弦を14%低くチューニングする。
ヴィオラ2
チェロ2
コントラバス1

構成[編集]

  • 第1楽章:前奏曲 Vivavissiomo luminoso
  • 第2楽章:アリア、ホケトゥス、コラール Andante con moto
  • 第3楽章:間奏曲 Presto fluido
  • 第4楽章:パッサカリア Lento intenso
  • 第5楽章:アパッショナート Agitato molto