サシュコ・ガヴリーロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サシュコ・ガヴリーロフ(Saschko Gawriloff、1929年10月20日 - )は、ドイツヴァイオリニスト、音楽教育家。サッシュコ・ガヴリロフとも記す。

ライプツィヒに生まれる。父親はライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のヴァイオリニストであった。

ヴァルサー・ダヴィゾン等に学び、1959年パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールで第2位となる。ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ベルリン放送交響楽団フランクフルト歌劇場管弦楽団ハンブルク交響楽団コンサートマスターを歴任。

ソリストとしてもゲオルグ・ショルティピエール・ブーレーズクリストフ・フォン・ドホナーニ等と協演している。1992年にはアンサンブル・モデルンリゲティ・ジェルジュヴァイオリン協奏曲を初演、同作品をエサ=ペッカ・サロネン指揮ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団アメリカでも初演した。

北西ドイツ・デトモルト音楽アカデミー、エッセン音楽大学ケルン音楽大学ベルリン芸術大学の教授をつとめる。