ベルリン放送交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルリン放送交響楽団
Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin
}
基本情報
出身地 ドイツの旗 ドイツ ベルリン
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1923年 -
公式サイト www.rsb-online.de
メンバー
芸術監督
マレク・ヤノフスキ

ベルリン放送交響楽団ドイツ語: Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin,英語: Berlin Radio Symphony Orchestra)は、ドイツの首都ベルリンに本拠を置くオーケストラである。略称はRSB。主にベルリン・フィルハーモニーおよびベルリン・コンツェルトハウスで演奏会を行っている。

沿革[編集]

1923年に設立された。第二次世界大戦後は東ベルリン側に属し、DDRラジオ放送局(Rundfunk der DDR)のオーケストラとなった。ドイツ再統一後の1994年にRIAS室内合唱団、ベルリン放送合唱団、ベルリン・ドイツ交響楽団、ベルリン放送交響楽団の4団体を所有する有限会社(GmbH)である"Rundfunk Orchester und Chöre GmbH Berlin"[1]が設立され、その傘下となった。この有限会社にはドイツラジオ(Deutschlandradio)が40%、ドイツ連邦共和国政府が35%、ベルリン市が20%、ベルリン・ブランデンブルク放送協会(Rundfunk Berlin-Brandenburg)が5%をそれぞれ出資している。

2009年にはベルリン・ドイツ交響楽団を吸収合併するという話が出たが、関係者の猛反発を受けて結局撤回されている。[2] [3]

首席指揮者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 直訳すると「放送オーケストラ及び合唱団有限会社ベルリン」
  2. ^ Die Farce hinter der geplanten Orchesterfusionディ・ヴェルト 2009年12月10日)ドイツ語
  3. ^ 「ベルリン・フィル・ラウンジ」第13号よりドイツ発最新音楽ニュース>ベルリン・ドイツ交響楽団、ベルリン放送響交響楽団の統合案とその顛末(HMVジャパン)

外部リンク[編集]