ローランド・TB-303

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローランド・TB-303 Bass Line
TB-303のフロント・パネル
TB-303のフロント・パネル
製造 ローランド
販売期間 1982-1984年
価格 £238 UK, $395 US
スペック
最大同時発音数 モノフォニック
ティンバー なし
オシレータ ノコギリ波、矩形波
LFO none
合成方式 アナログ 減算方式
フィルタ 24dB/oct 4次ローパス・フィルタ
アフタータッチ なし
キーベロシティ なし
メモリ 64パターン、7トラック
エフェクター 内部エフェクトなし
Input/output
鍵盤 なし

TB-303(ティービー303)は、かつてローランド製造販売したシンセサイザー

概要[編集]

1982年発売開始。ベース音色に特化し、またシーケンサーを内蔵していたことで短いループをプログラムし本体に記憶させることが出来た。本体の大きさはコンパクトで持ち運びが容易であった。同時期に発売されたリズムマシンTR-606とデザインが統一されており、二台を合わせて使う事でリズム隊を自動演奏できるというのが発売当時のふれこみであったが、当初はベース音色の再現が十分でないなどの理由で人気機種にはならなかった。当時のレコードで聴ける数少ない例に、ジャコ・パストリアスの「ワード・オブ・マウス」の冒頭曲「クライシス」、アレクサンダー・ロボトニク(Alexander Robotnick)の「Problems D'Amour」がある。 だが、1980年代後半の音楽シーンに発生したアシッドハウスでは、そのフィルターをいじることで出される独特で奇妙な音色と内蔵シーケンスのグルーヴが再評価され、多くのアーチストが使い出したことから一躍脚光を浴びるシンセサイザーとなる。 そもそもの発端はシカゴのハウスクリエイターDJ Pierreが楽曲製作の際にベース音源として中古の303を入手したところから始まる。だが、そのとき偶然フィルターの設定が全開になっていた事から、彼はこの奇妙なサウンドの独特の魅力に気づき、それを最大限に生かす方向で曲を製作した。この曲はPhuture名義で『ACID TRAX』としてリリースされた。既存のハウスミュージックのフォーマットからは大きく逸脱する作品となったが、結果的にこの作品はダンスミュージックシーンに絶大な衝撃を与え、アシッドハウスというひとつのジャンルを確立するまでに到る。その後もハウスはもちろん、テクノなどで使用アーチストが増えていき、ダンスミュージックに欠かせない楽器の一つとなっていった。またTB-303の人気が出ると同時に中古市場でも価格が異常に高騰していくこととなる。TB-303の使い手としては、テクノの分野ではハードフロアリッチー・ホゥティンが有名である。 ちなみに、発売当初はローランド・TR-808の廉価版的リズムマシンという位置づけだった兄弟機TR-606であるが、こちらも昨今はエレクトロヒップホップなどにおいて支持を得ている機種である。

中古市場での価格高騰により、TB-303の入手が困難になってもローランドからすぐに再発売される兆候がなかった。また、TB-303はMIDIに未対応(外部機器との同期には、現行では殆ど使用される事の無いDIN-SYNC規格を採用していた)であったため、これもまたレアなSYNCコンバーターを用意し制御を行なえるようする必要があった(ただし、これはブームに合わせてKENTONなどから新規の製品がいくつか発売されている)。また、独自にMIDI対応改造やCV-GATE入力端子の増設を行ったり、さらに強力な機能を付加したものなど、様々な改造を行う業者も現れた。代表的なものにMIDI改造を行いさらに1Uラックマウント化・多機能制御化したFive-G製の『FGP-3』や、Real World Interfacesによる『Devilfish』なるチューンナップバージョンがある。ただし、これらの改造バージョンは303の評価の肝であるシーケンサー部分を排除していたり、フィルターがより強力な物に改造されていたり(これによって303であって303ではない音が創り出せるのだが)と、オリジナルの個性のいずれかを少なからず犠牲にした上で成り立っているので、その仕様には賛否両論ある。

欧米の中小シンセサイザーメーカーからTB-303の音色再現を狙ったシンセサイザーが多数発売された。1994年に発売されたNovation Bass Station、ドイプファー・MS-404などが代表的である。中古市場やクローンシンセの人気を受けて、本家のローランドからもMC-303が発売された。(ただしMC-303には、TB303のようなスライド機能等が無くビジュアルイメージと名前のみを冠しただけのものである。)

特徴[編集]

TB-303の音色を特徴づけるフィルタには、梯子(はしご)型4次ローパスフィルタ(LPF)が用いられている。R(抵抗)とC(コンデンサ)をその名の通り梯子状に接続する。抵抗値を可変する事により、LPFのカットオフ周波数を可変する。抵抗素子には初期品は三洋2SC536、後期品は東芝2SC1815が用いられていた。いずれも小信号汎用品である(※)。トランジスタをダイオードとして動作させ、これに直流バイアスを加えることによって広範囲な値が得られる可変抵抗として機能させている。安価な部品を用いつつも、効果的にLPFを構成する技術者の工夫が見られる。

 もっとも、トランジスタを抵抗素子として機能させる梯子型4次ローパスフィルタは名機Moog(モーグ)で初めて採用された回路方式であり、Moog博士の特許(米国特許3,475,623)である。Rolandを含む後発メーカはこの特許を回避するため、本特許のトランジスタの主要機能(可変抵抗機能及びバッファ機能)のうち、バッファ機能を省くことで回避した※※。そのため、カットオフ特性がMOOGに対してブロード(緩くなる)特性とならざるを得なかった。文献によっては、TB-303は3次LPFであり、そのため独特な音がするなどといった記述が見られるため、要注意である。

レゾナンスはこのLPFにフィードバックをかけることにより実現しているが、本機では過剰にレゾナンスがかからないようフィードバックを制限する抵抗が入っている。一般的なアナログシンセサイザはレゾナンスを過剰にかけて発振させることも音づくりの手法の一つであるため、この点がいわゆるアナログシンセサイザの設計思想とは異なる。一部のマニアの間ではこの抵抗をショートし、発振させることによって更に音色に幅を持たせるような改造を施すことも行われている。

※販売開始から30年以上も製造されていた超ロングセラー品。プロ、アマ問わず広範囲に使用されているため、一旦製造中止となったものの再開された経緯がある。2010年には「新規設計非推奨」となった。なお、学研電子ブロックでも2SC536→2SC1815の使われ方をしていた。
※※特許請求項1には、CRフィルタの抵抗素子をトランジスタのベース-エミッタ間ダイオードで構成する旨記載があり、厳密に言えば回避できているのか不明だが、Moogを除く梯子型4次ローパスフィルタを用いたシンセは軒並みTB-303と同等の回路構成となっている。


独特の概念に基づくシーケンサー部分は、ボタンごとに設置されたLEDの点滅を除いては、情報を表示する画面やインジケーターなどが一切無く、各ボタンはモードごとに複数の役割を担う為、打ち込み中は進行情報の多くを脳内で補完して実行しなければならず、意図したパターンを正確に鳴らす為にはある程度の訓練が必要であった。また、さらに譜面上では表しきれないようなベース演奏特有の要素をパターンに付加する「スライド」、「アクセント」という独自の要素は、その効果もまた個性的で、打ち込み中の段階で掛かり具合を予測するのが最初のうちはいささか困難である。

このお世辞にも扱いやすいとは言いがたいシーケンサーは、発売当時は単に難解であると批判された反面で、昨今は打ち込んだ者が意図した発想を超える、思わぬ好フレーズを産むと評価され、「でたとこ勝負」の偶発性の高さが昨今は逆に重宝されている。「スライド」、「アクセント」を加えた際の個性的なシーケンスの歪曲効果と、ローランドの同時期のTRシリーズにも共通する独特のノリも評価の重要なポイントである。

「スライド」、「アクセント」は他の多くのアナログシンセにあるポルタメント機能と多少効果が似ている為に、音源部分の機能と思われがちだが、ポルタメントとは異なりシーケンスに独特の効果を与える物である為、TB-303のシーケンスをマスターに他のアナログシンセ(oct./V規格のCV/GATE INを持つ物)をコントロールした場合にもスライド、アクセントの効果は反映される。

TB-303のシミュレーションを謳う後発のシンセの中で、このシーケンサー部の独創性に着目し再現した物は極めて少ない。その多くが音源部の模倣に重きが置かれているのである。

なお、この本体シーケンサーはクォンタイズ機能を持っていないため、任意にシャッフル(いわゆるハウス的な"跳ね"のリズム)を設定する事は出来ないが、ハードフロアの二人はシングル『Mahogany Roots』において、303のシーケンスをシャッフルさせるという荒技を披露し話題となった。当時、その方法に関しては詳しく言及される事は無かったため、マニアの間では彼らの303には特殊な改造が施されているのではないかと憶測を読んだが(事実、彼らは改造機『Devilfish』を所有していたが)、これはある裏技を使用する事によってそれが行われていたのである。その裏技とは、303本体で三連譜モードで打ち込み、そのシーケンスを倍速で曲本来のテンポと同期させることにより、擬似的にシャッフル的なノリを本体シーケンサーの特性を生かしたまま実現できるというものだった。これはDIN-SYNCコンバーターの中でも同期速度切り替え機能を持つKORG KMS-30を使用する事によって行う事ができるのである。

音色[編集]

TB-303の "acid"サウンド(但しソフトシンセRebirthによって再現されたものである)

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

その他[編集]

  • シンセの通称として、「303」は日本国内では「さん・まる・さん」、英語圏では「スリー・オー・スリー」と発音される。
  • 日本のロボットアニメ作品『交響詩篇エウレカセブン』に登場するtypeB 303「デビルフィッシュ」なる銀色の機体は、TB-303、Devilfishが元ネタである。本編登場時には石野卓球がDevilfishを使用して製作した「Ninety Three」(アシッドハウスリヴァイバルが起こった1993年をテーマにした楽曲)がBGMに使用された。この他にも同様に808、909の名称をもつ機体も登場するなど、全編に渡ってテクノシーン全般からの引用が数多く登場する作品という事で、注目をあつめた。
  • FIVE Gが303のラック改造をしていた頃、店内には303の抜け殻が山のように積み上げられていたが、Hardfloor初来日の際、全て買って行ったという。

サイトリンク[編集]