ロジャー・ラビット (コンピュータゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロジャー・ラビット
The Bugs Bunny Crazy Castle
ジャンル アクションパズル
対応機種 日本の旗 ファミリーコンピュータ ディスクシステム
アメリカ合衆国の旗 Nintendo Entertainment System
開発元 コトブキシステム
発売元 コトブキシステム
人数 1人
メディア 日本の旗 ディスクカード(両面)
アメリカ合衆国の旗 768Kbitロムカセット
発売日 日本の旗 1989年2月16日
アメリカ合衆国の旗 1989年7月
テンプレートを表示
ミッキーマウス
The Bugs Bunny Crazy Castle
ジャンル アクションパズル
対応機種 ゲームボーイ
開発元 コトブキシステム
発売元 コトブキシステム
人数 1人
メディア 512Kbitロムカセット
発売日 日本の旗 1989年9月5日
アメリカ合衆国の旗 1990年3月
テンプレートを表示

ロジャー・ラビット』は1989年2月にファミリーコンピュータ ディスクシステム用に発売されたコンピュータゲームソフトである。タッチストーン・ピクチャーズ制作の映画『ロジャー・ラビット』のキャラクターが起用されている。北米では版権の問題からキャラクターがバッグス・バニーに置き換えられ、NES用ソフトとして『The Bugs Bunny Crazy Castle』のタイトルでリリースされている。

また、半年後の1989年9月にはゲームボーイ用ソフトとして『ミッキーマウス』がリリースされており、こちらはキャラクターがウォルト・ディズニー・カンパニーミッキーマウスに差し替えられているが基本ルールはディスクシステム版『ロジャー・ラビット』とほぼ同一内容である。こちらも北米においてはキャラクターとしてミッキーマウスではなくバッグス・バニーが使用され、NES版と同じ『The Bugs Bunny Crazy Castle』のタイトルで発売されている。

本項では上記全ての作品について解説する。

ゲーム内容[編集]

全60ステージ[1]を進行していく面クリア型のアクションゲーム。ロジャー・ラビットを操作し、通路や階段を行き来しながら各ステージに散らばっているハート[2]を探し、全てのハートを獲得すればステージクリアとなる。ハートを獲得するごとに100点、ステージクリアするごとにエクステンドがある。

各ステージ中には敵キャラクターが徘徊しており、自機がそのまま接触すると1ミスとなる。ロジャー・ラビットはそのままでは攻撃手段を持たないが、ステージに設置されているグローブなどの攻撃アイテムを使用することで敵キャラクターを倒すことができる。ジャンプアクションは不可能なため、アイテムがない場合は階段などを利用して敵キャラクターを誘導し回避する必要がある。グローブで敵を倒すと500点、錘など横に押すアイテムで敵を倒すと1000点が入る。

セーブ機能は無いが、ステージクリア時に英数字4文字のパスワードが表示され、ゲーム開始時にパスワードを入力することでパスワードを取得したステージからゲームを再開できる。

リメイク版[編集]

バックス・バニーコレクション
1997年に発売されたゲームボーイ用ソフト。北米ゲームボーイ版『The Bugs Bunny Crazy Castle』と続編『The Bugs Bunny Crazy Castle II』がカップリングされ、スーパーゲームボーイに対応したもの。日本で発売された作品だがキャラクターは北米版のバッグス・バニーが使用されている。

シリーズ作品[編集]

このシリーズは通称クレイジーキャッスルシリーズと称され、同一内容でも発売される地域やプラットフォームにより異なるキャラクターが使用されている。日本においては1990年代前半の多くの作品でミッキーマウスが起用されている一方、北米ではバッグス・バニーの起用を中心としている。

シリーズ初期は日本での展開では「クレイジーキャッスル」という名称は使用されていなかったが、ゲームボーイ用ソフト『バックス・バニー クレイジーキャッスル3』、ゲームボーイカラー用ソフト『バックス・バニー クレイジーキャッスル4』およびゲームボーイアドバンス用ソフト『ウッディー・ウッドペッカー クレイジーキャッスル5』の3作品は日本においても作品タイトルにクレイジーキャッスルの名を明記している。

脚注[編集]

  1. ^ ディスクシステム・NES版の数字。ゲームボーイ版は全80ステージ。
  2. ^ キャラクターがバッグス・バニーに置き換えられている北米版ではNES・ゲームボーイ版ともにニンジンに変更されている。