ルドヴィカ・フォン・バイエルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルドヴィカと子供たち
バイエルン王女/バイエルン公妃ルドヴィカ

ルドヴィカ・フォン・バイエルン(Ludovika von Bayern, 1808年8月30日 - 1892年1月26日)は、バイエルン王国の王族。全名はマリー・ルドヴィカ・ヴィルヘルミーネMarie Ludovika Wilhelmine)。バイエルン王マクシミリアン1世の八女で、バイエルン公マクシミリアン・ヨーゼフの妃となった。

1808年8月30日、バイエルン王マクシミリアン1世とその2人目の妃であったバーデン大公世子カール・ルートヴィヒの娘カロリーネの間に第6子としてミュンヘンで生まれた。

ルドヴィカは1828年9月9日テゲルンゼー(現バイエルン州ミースバッハ郡)で同族ヴィッテルスバッハ家傍系のバイエルン公マクシミリアン・ヨーゼフと結婚した。その後2人は冬はミュンヘンのヘルツォーク=マックス宮殿で、夏はシュタルンベルク湖畔のポッセンホーフェン城で暮らした。2人の間には5男5女が生まれ、次女のエリーザベトオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の皇后となったことで知られている。

1892年1月26日、ルドヴィカはミュンヘンで肺炎のため死去した。83歳であった。遺体はテゲルンゼー城の墓地に葬られた。

子女[編集]