アマーリエ・ルイーゼ・フォン・アーレンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アマーリエ・ルイーゼ・フォン・アーレンベルク:Amalie Luise Prinzessin und Herzogin von Arenberg, 1789年4月10日 ブリュッセル - 1823年4月4日 バンベルク)は、ドイツベルギー系の上級貴族アーレンベルク公爵家の公女で、バイエルン公ピウス・アウグストの妻。フランス語名はアメリー・ルイーズ・ダランベールAmélie Louise d'Arenberg)。

アーレンベルク公シャルル・マリー・レーモン(カール・マリア・ライムント)の四男ルイ・マリー・ウジェーヌ(1757年 - 1795年)と、その最初の妻マリー・ド・マイイ=ルバンプレ(1766年 - 1789年)の間の一人娘として生まれた。1807年5月26日にブリュッセルにおいて、バイエルン公爵家(以前のプファルツ=ビルケンフェルト=ゲルンハウゼン公爵家)の嗣子ピウス・アウグストと結婚し、一人息子のマクシミリアン・ヨーゼフ(マックス・ヨーゼフ)(1808年 - 1888年)をもうけた。夫妻はバンベルクに居を構えた。

夫のピウス・アウグストの乱暴な素行があまりに目に余るため、本家筋のバイエルン王マクシミリアン1世は1817年にマックス・ヨーゼフを父親から引き離すため、ミュンヘンの寄宿学校に入れた。アマーリエが1823年に早世するまでに、一人息子と会うことを許されたのは一度だけだった。アマーリエの遺骸はテーゲルンゼー城内の墓廟(現在のテーゲルンゼー修道院)に葬られた。アマーリエの死後、ピウス・アウグストは完全に公的生活から引退して暮らした。