ピウス・アウグスト・イン・バイエルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピウス・アウグスト・イン・バイエルンPius August in Bayern, 1786年8月2日ランツフート - 1837年8月3日バイロイト)は、プファルツ=ビルケンフェルト=ゲルンハウゼン公爵家の世子で、後にバイエルン公 (Herzog in Bayern)

プファルツ=ゲルンハウゼン公ヴィルヘルムとその妻でプファルツ=ビルケンフェルト家の公子フリードリヒ・ミヒャエルの娘マリア・アンナの間の一人息子として生まれた。母方の叔父はバイエルンマクシミリアン1世である。ピウス・アウグストはバイエルン王国軍の少将であり、バイロイト第8歩兵連隊の連隊長だった。しかし、非常に怒りっぽく人間嫌いな性格であり、街で通りを歩く庶民に暴力をふるい、相手が失神するまで殴り続けて、何度も牢獄に収監されている。

ピウス・アウグストは1815年にバイエルン科学アカデミーの会員となった。1837年に51歳で亡くなり、遺骸はバンツ修道院に葬られた。

子女[編集]

1807年5月26日ブリュッセルにおいて、アーレンベルク公子ルートヴィヒ・マリアの娘アマーリエ・ルイーゼと結婚し、間に息子を1人もうけた。

参考文献[編集]

  • Nathanael von Schlichtegroll: Genealogische Lebens-Skizzen der Vorfahren des bayerischen Königshauses bis auf Otto den Großen von Wittelsbach, Rösl, 1842, S. 63 f.