カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーデン=ドゥルラハ辺境伯世子カール・ルートヴィヒ

カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデン(Karl Ludwig von Baden, 1755年2月14日 - 1801年12月16日)は、バーデン=ドゥルラハ辺境伯カール・フリードリヒ(後の初代バーデン大公)の長男。世子(Erbprinz)であったが父より先に歿したため即位することはなかった。

1755年2月14日、バーデン=ドゥルラハ辺境伯カール・フリードリヒとその最初の妃であったヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ8世の娘カロリーネ・ルイーゼの間に第一子としてカールスルーエで生まれた。

1801年12月16日、カール・ルートヴィヒはスウェーデンアルボーガ(現ヴェストマンランド地方ヴェストマンランド県)で死去した。バーデン辺境伯は1803年選帝侯に、1806年大公となるが、父カール・フリードリヒの歿後その地位は次男のカールが嗣いだ。

結婚と子女[編集]

1774年7月15日、カール・ルートヴィヒはヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世の娘であるアマーリエカールスルーエで結婚した。彼女との間には以下の2男6女をもうけた。