カロリーネ・フォン・バーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイエルン王妃カロリーネ

フリーデリケ・カロリーネ・ヴィルヘルミーネ・フォン・バーデン(Friederile Karoline Wilhelmine von Baden, 1776年1月13日 - 1841年11月13日)は、バイエルン王マクシミリアン1世の2番目の妻で最初のバイエルン王妃。

バーデン大公カール・ルートヴィヒと妃アマーリエヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世の娘)の娘として、カールスルーエで生まれた。双子の姉妹カタリーナ・アマーリエがいる。他に同母妹にはロシア皇后エリザヴェータ・アレクセーエヴナスウェーデン王妃フリーデリケがいる。

1797年3月にカールスルーエで、母の従弟にあたるプファルツ=ツヴァイブリュッケン公マクシミリアンと結婚した。マクシミリアンの先妻アウグステ・ヴィルヘルミーネもまたカロリーネの母の従妹であったが、前年の1796年に病没していた。マクシミリアンは2年後の1799年バイエルン選帝侯を継承し、1806年にはバイエルン王となった。2人の間には2組の双子を含め8子が生まれた。