ルイス・サンチェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイス・サンチェス
Luis Sanchez
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 スクレ州カリアコ
生年月日 1953年8月24日
没年月日 2005年2月4日(満51歳没)
身長
体重
187 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1971年
初出場 MLB / 1981年4月10日
NPB / 1986年4月6日
最終出場 MLB / 1985年10月6日
NPB / 1987年10月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ルイス・サンチェスLuis Mercedes Escobar Sánchez, 1953年8月24日 - 2005年2月4日)は、ベネズエラ出身のプロ野球選手投手)。

読売ジャイアンツでの登録名は「サンチェ」。

来歴・人物[編集]

1971年に17歳でヒューストン・アストロズと契約するもしばらくは芽が出ず、メジャー昇格のないまま1975年シンシナティ・レッズに移籍。そこでもメジャーでの登板がなく、1980年にはメキシカンリーグにも登板した。

1981年カリフォルニア・エンゼルスと契約。4月に待望のメジャー初昇格を果たし、リリーフ投手として活躍。1983年には10勝7セーブ、翌1984年には9勝11セーブと活躍したが、1985年オフにモントリオール・エクスポズに放出された。

1986年春季キャンプ期間中に読売ジャイアンツに入団(当初巨人はデイブ・スチュワートの獲得を目指していたが、トラブルから獲得を断念しており、その代わりとしての入団だった)。クローザーとして期待通りの活躍を見せ、特に被本塁打はわずかに1本だった。しかし、オールスターゲーム第1戦で右を痛めてから失速。また、フォーム改造を巡り、投手コーチの皆川睦雄を批判、30万円の罰金を科されるなどトラブルメーカーの一面を持っていた。また、同じスパイクを履き続けた(当人はかなり足が大きく、当時は彼の大きさに合ったスパイクが少なかった)ことにより、足白癬を発症し、その結果翌1987年は不振に陥り、クローザーの座を鹿取義隆に明け渡し、結局この年限りで退団。

2005年2月4日、脳血管疾患のためベネズエラで死去。51歳だった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1981 CAL 17 0 0 0 0 0 2 2 -- .000 150 33.2 39 4 11 0 1 13 1 0 16 11 2.94 1.49
1982 46 0 0 0 0 7 4 5 -- .636 388 92.2 89 3 34 4 7 58 1 1 36 33 3.21 1.33
1983 56 1 0 0 0 10 8 7 -- .556 416 98.1 92 6 40 14 3 49 2 0 42 40 3.66 1.34
1984 49 0 0 0 0 9 7 11 -- .563 359 83.2 84 10 33 9 3 62 1 1 34 31 3.33 1.40
1985 26 0 0 0 0 2 0 2 -- 1.000 268 61.1 67 9 27 3 1 34 2 0 41 39 5.72 1.53
1986 巨人 37 0 0 0 0 4 1 19 -- .800 197 50.1 41 1 12 3 2 42 3 0 14 13 2.32 1.05
1987 39 0 0 0 0 0 3 9 -- .000 164 38.1 38 1 16 2 0 17 2 0 13 12 2.82 1.41
MLB:5年 194 1 0 0 0 28 21 27 -- .571 1581 369.2 371 32 145 30 15 216 7 2 169 154 3.75 1.40
NPB:2年 76 0 0 0 0 4 4 28 -- .500 361 88.2 79 2 28 5 2 59 5 0 27 25 2.54 1.21

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 40 (1981年 - 1985年)
  • 20 (1986年 - 1987年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]