リテラ・クレア証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リテラ・クレア証券株式会社
Retela Crea Securities Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
104-0031 
東京都中央区京橋一丁目2番1号
設立 1947年昭和22年)12月
(三澤屋証券株式会社)
業種 証券、商品先物取引業
事業内容 有価証券の売買等及び売買等の委託の媒介 等
代表者 豊島 康夫(代表取締役専務)
資本金 37億9,434万1千円
発行済株式総数 1,462万2,533株
売上高 38億8,538万9千円(2014年3月期)
営業利益 15億4,908万3千円(2014年3月期)
純利益 30億3,209万2千円(2014年3月期)
純資産 113億8,484万0千円
(2014年3月31日現在)
総資産 194億0,371万2千円
(2014年3月31日現在)
従業員数 124名(2014年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (株)大和証券グループ本社 58.13%
サントリーホールディングス(株) 11.01%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株) 7.13%
(2014年9月1日現在)
外部リンク http://www.retela.co.jp/
テンプレートを表示

リテラ・クレア証券株式会社(りてら・くれあしょうけん、Retela Crea Securities Co., Ltd.)は、東京都中央区に本社を置く日本の証券会社

メインバンクはみずほ銀行。主要株主である大和証券グループサントリー等と親密で、2013年に大和証券グループ本社が株式公開買付けを行い、当社を関連会社としている[1]

概要[編集]

  • 企業名: リテラ・クレア証券株式会社
  • 代表者: 代表取締役専務 豊島 康夫
  • 資本金: 3,794,341,000円
  • 本社所在地: 東京都中央区京橋1-2-1
  • 店舗数: 本支店6店舗

沿革[編集]

  • 1999年(平成11年)4月 - 今川證券と三澤屋証券が合併し、今川三澤屋証券となる
  • 2001年(平成13年)5月 - 商号をリテラ・クレア証券に変更
  • 2003年(平成15年)7月 - 作為的相場を形成させるべき有価証券の売買取引により、関東財務局から業務停止を伴う行政処分を受ける(外部リンク参照)
  • 2006年(平成18年)3月 - 東京金融先物取引所の為替証拠金取引参加者および為替証拠金清算参加者となる
  • 2006年(平成18年)5月 - 取引所為替証拠金取引「くりっく365」の取扱いを開始
  • 2007年(平成19年)9月 - 金融商品取引法に基づく金融商品取引業者としての登録を受ける
  • 2013年(平成25年)1月 - 大和証券グループ本社による株式の公開買付けを発表[2]
  • 2013年3月 - 公開買付けの結果、大和証券グループ本社が株式の過半数を取得[3]
  • 2013年6月 - インターネット事業(オンライントレード)を吸収分割により立花証券へ承継[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ 国内子会社・関連会社 (HTML)”. 大和証券グループ本社. 2013年10月20日閲覧。
  2. ^ リテラ・クレア証券株式会社株券等に対する公開買付けの開始に関するお知らせ (PDF)”. 大和証券グループ本社 (13-01-29). 2013年10月20日閲覧。
  3. ^ リテラ・クレア証券株式会社株券等に対する公開買付けの結果に関するお知らせ (PDF)”. 大和証券グループ本社 (13-03-05). 2013年10月20日閲覧。
  4. ^ リテラ・クレア証券オンライントレードをご利用のお客様へ (HTML)”. リテラ・クレア証券. 2013年10月20日閲覧。
  5. ^ リテラ・クレア証券株式会社のインターネット事業の会社分割による承継完了のお知らせ (PDF)”. 立花証券 (13-06-03). 2013年10月20日閲覧。

外部リンク[編集]