リチャード・パチェコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・パチェコ
Richard Pacheco
Richard Pacheco
2001年7月13日のパチェコ
本名 Howard Marc Gordon
別名 Dewey Alexander、
Mack Howard、
Marc Howard、
Mark Howard、
Richard Pecheko、
Norman Vain、
McKinley Howard
生年月日 1948年5月5日(65歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 コーカソイド
職業 ポルノ男優
ジャンル ハードコアポルノ
配偶者 Ashley
家族 子供3人

リチャード・パチェコ Richard Pacheco(本名ハワード・マーク・ゴードン Howard Marc Gordon1948年5月5日 - )は、アメリカ合衆国ポルノ男優。

100本以上のポルノ映画・ビデオに出演し、最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞、最優秀監督賞など、複数のポルノ映画の賞を獲得した。彼は1979年に、ハウィー・ゴードン (Howie Gordon) 名義で米「Playgirl」誌のマン・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

生い立ち[編集]

ハウィー・ゴードンは、ペンシルベニア州ピッツバーグで2人の弟とともに正統派ユダヤ人の家庭に育った。彼は1966年にピッツバーグのテイラー・オールダーダイス・ハイスクールを優秀な成績で卒業した。そしてクラスの委員長であった。

彼が初めてポルノ映画に出演したのは、オハイオ州のアンティオーク・カレッジに在学中のことで、学生アマチュア製作映画であった。卒業後彼は仕事を辞め、コミューンに参加するためにカリフォルニア州バークレーに移住した。1971年、彼はコミューンで妻となる女性アシュリーに出会い。2人は1975年に結婚した。

ポルノ映画歴[編集]

1970年代中頃、ゴードンは建設工事現場で5ドルの時給を稼ぎながら、新しい仕事を模索していた。ラビになるために、ハーバード大学の神学科(歴史を学ぶため)、カリフォルニア大学バークレー校の大学院報道学科、ヘブライ・ユニオン・カレッジに出願していた時、1日200ドルのギャラで初のプロフェッショナルなポルノ映画『The Candy Stripers』(1978年公開) のオファーを受けた。これが彼のポルノ映画デビュー作となった。

彼はその最初の映画には「マッキンレー・ハワード (McKinley Howard)」の名で出演し、1980年にアンソニー・スピネリ監督の『私に汚い言葉を云って (Talk Dirty to Me)』に「リチャード・パチェコ」として出演するまで、多数の異なる名前を使用した。『私に汚い言葉を云って』が空前の成功を収めたため、以後彼はこの名を使い続けた。

1984年11月以降、エイズの流行に対する妻の懸念に応え、パチェコはコンドームを付けずにポルノ映画に出演することを止めた。これは大部分のポルノ映画のオファーを犠牲にすることとなり、実質的にポルノ男優としては強制的な引退に追い込まれた。彼は1986年までセックス無しの出演で、またアシスタント・ディレクターとして、ジョン・レスリーのもとで働いた。彼が自身で監督した映画は、1987年のセカが主演した『ダーティ・アクトレス/生好きの女 (Careful, He May Be Watching)』1本のみであるが、この作品は1988年度AVNの最優秀作品賞を、彼自身も最優秀監督賞を獲得した[1]

彼はポルノ、そしてエイズに関して多くのコラム、記事、レビューを書き、講演している。またポルノ産業界における自叙伝を発表しようと計画している。

家族[編集]

Playgirl誌で1978年11月のマン・オブ・ザ・マンスに、1979年にマン・オブ・ザ・イヤーになり、フィル・ドナヒュー・ショー (Phil Donahue Show) に出演するという成功を収めたので、パチェコは両親に自分の仕事について話した。

彼と妻は元々浮気公認のオープンな夫婦であったが、子供たちが生まれエイズが脅威となると、オープンではなくなっていった。彼らには1980年代に生まれた子供が3人おり、子供たちにはポルノの仕事はオープンにしている。

受賞[編集]

  • 1980年 AFAA 最優秀助演男優 『私に汚い言葉を云って (Talk Dirty to Me)[2]
  • 1980年 CAFA 最優秀助演男優 『私に汚い言葉を云って』[2]
  • 1981年 AFAA 最優秀助演男優 『先天性アクメニアン (Nothing to hide)』(R・ボラとタイ)
  • 1981年 CAFA 最優秀主演男優 『先天性アクメニアン』[2]
  • 1981年 CAFA 最優秀助演男優 『Dancers[2]
  • 1984年 AFAA 最優秀主演男優 『超次元ポルノラマ/スペシャル・エキス (Irresistible)[2]
  • 1984年 AVN 最優秀主演男優(映画) 『超次元ポルノラマ/スペシャル・エキス』[1]
  • 1984年 AVN 最優秀助演男優(映画) 『先天性アクメニアン』[1]
  • 1989年 AVN 最優秀助演男優(ビデオ) 『Sensual escape[1]
  • 1989年 AVN 最優秀カップルセックスシーン(ビデオ) 『Sensual escape』(ニナ・ハートレーとともに)[1]
  • 1999年 AVN殿堂入り[3]
  • 2000年 FSC 生涯功労賞 (アニー・スプリンクルとともに)
  • 2006年 XRCO殿堂入り(先駆者として)[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

リチャード・パチェコについて[編集]

リチャード・パチェコによる[編集]