ジョン・レスリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・レスリー
John Leslie
John Leslie
2007年AEEのジョン・レスリー
別名義 John Lestor、
Lenny Kent、
John Leslie Dupree、
John Leslie Dupré、
Louie T. Beagle、
Louis T. Beagle、
John Lesley、
John Lessly、
Frederick Watson
生年月日 1945年1月25日
没年月日 2010年12月5日(満65歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ピッツバーグ (ペンシルベニア州)
民族 コーカソイド
職業 ポルノ男優、プロデューサー監督
ジャンル ハードコアポルノ
配偶者 キャサリーン・ルーカス(1994年 - )

ジョン・レスリーJohn Leslie1945年1月25日 - 2010年12月5日)は、長年プロデューサー監督としても活躍を続けたアメリカ合衆国ポルノ男優。ペンシルベニア州ピッツバーグ出身。Louis T. Beagle、John Leslie Dupre、Frederick Watsonなどともクレジットされた。

来歴[編集]

1973年に『Sensuous Delights』でデビュー以来、レスリーは約300本のポルノ映画に出演し、男優として多数の賞を獲得している。彼はセカケイ・パーカーアネット・ヘブンクリスティ・キャニオンなど同時代の著名なトップポルノ女優たちと共演した。最も注目に値する出演作は『私に汚い言葉を云って (Talk Dirty To Me)』(1980年)、『先天性アクメニアン (Nothing To Hide)』(1981年)、『もっと汚い行為(こと)をして (Talk Dirty To Me, Part II)』(1982年)である。

彼は監督に転身したポルノ男優の草分けの1人であった。監督デビュー作は1987年の『ナイト・シフト・ナース/白衣の猥褻たち (Nightshift Nurses)』。以来レスリーは『トリー・ウェルズ/カメレオン・レディ (The Chameleon)』(1989年)、『媚獣伝説/キャット・ウーマン (Curse of the Catwoman)』(1992年)、『飼われた女 (Dog Walker)』(1994年)、『Drop Sex』(1997年)、更にシリーズものの『Voyeur』、『Fresh Meat』、『Crack Her Jack』など90本以上のポルノ映画を監督した。彼は監督としても数多くの賞を獲得している。最近の仕事の多くが、アダルトビデオにおける現在の流行に合わせた『Fresh Meat』や『Crack Her Jack』シリーズのような「ゴンゾ」ものではあるが、レスリーは長編映画、あるいは「セックスドラマ」も撮り続けている。ごく最近の2007年、彼はブリアナ・ラブ (Brianna Love) を全面に押し出した映画『Brianna Love: Her Fine Sexy Self』を監督した。

1970年代初め、彼はミシガン州南東に拠点を置くバンド、ブルックリン・ブルース・バスターズのヴォーカリスト兼ハーモニカ奏者だった。ブルックリン・ブルース・バスターズは直ぐに出世して、ジョン・リー・フッカーヴィクトリア・スパイビー(彼らは「おねえ」と呼んでいた)の東海岸のショーでバックで演奏した。また1973年のアナーバー・ブルース&ジャズ・フェスティバルでスパイビーのバックバンドを務めた。同じ頃レスリーは、しばらくミシガン州アナーバーバー「Mr. Flood's Party」でバーテンダーとしても働いていた。

レスリーはAVN殿堂[1]、 Legends of Erotica[2]XRCO殿堂[3]のメンバーである。

2010年12月5日、心臓発作のために死亡[4]

受賞[編集]

男優として[編集]

  • 1977年 AFAA 最優秀助演男優 『ネイクド・セックス (Coming of Angels)[5]
  • 1980年 AFAA 最優秀主演男優 『私に汚い言葉を云って (Talk Dirty To Me)[5]
  • 1980年 CAFA 最優秀主演男優 『私に汚い言葉を云って』[5]
  • 1981年 AFAA 最優秀主演男優 『Wicked Sensations[5]
  • 1982年 AFAA 最優秀主演男優 『もっと汚い行為(こと)をして (Talk Dirty To Me, Part II)[5]
  • 1982年 CAFA 最優秀主演男優 『もっと汚い行為(こと)をして』[5]
  • 1984年 AFAA 最優秀主演男優 『ハリウッド・スキャンダル/悦楽の昼と夜 (Dixie Ray Hollywood Star)』『ワイフ・スペシャル/堕ちる (Every Woman has a Fantasy)』(双方の映画で同時受賞)[5]
  • 1985年 AFAA 最優秀助演男優 『タブー・セックス4/錯乱 (Taboo 4)[5]
  • 1985年 AVN 最優秀助演男優(映画) 『ファイヤーストーム/盲愛令嬢 (Firestorm)[6]
  • 1986年 XRCO 最優秀主演男優 『Every Woman has a Fantasy 2[5]
  • 1988年 AVN 最優秀主演男優 (映画) 『Firestorm 2[6]
  • 1988年 XRCO 最優秀主演男優 『タブー・クライマックス/獣芯 (Beauty and the Beast)[5]

監督として[編集]

  • 1987年 XRCO 最優秀監督(ビデオ) 『ナイト・シフト・ナース/白衣の猥褻たち (Nightshift Nurses)[5]
  • 1988年 XRCO 最優秀監督 『キャット・ウーマン/けもの技 (Catwoman)[5]
  • 1989年 AVN 最優秀監督(ビデオ) 『キャット・ウーマン/けもの技』[6]
  • 1992年 XRCO 最優秀作品 『ワープ/背徳のメソッド (Chameleons: Not The Sequel)[3]
  • 1994年 XRCO 最優秀作品 『飼われた女 (Dog Walker)[7]
  • 1994年 XRCO 年間最優秀監督[7]
  • 1995年 AVN 最優秀監督(映画) 『飼われた女』[6]
  • 1995年 AVN 最優秀監督(ビデオ) 『Bad Habits[6]
  • 1997年 AVN Best All-Sex Release 『John Leslie's Fresh Meat 3[6]
  • 1997年 XRCO 年間最優秀監督[7]
  • 1998年 AVN Best All-Sex Release 『John Leslie's Fresh Meat 4[6]
  • 1998年 XRCO 年間最優秀監督[7]
  • 1999年 AVN Best All-Sex Release 『John Leslie's Fresh Meat 5[6]
  • 1999年 AVN 最優秀監督(ビデオ) 『The Lecher 2[6]
  • 2000年 AVN Best All-Sex Release 『The Voyeur 12[6]

その他[編集]

  • 1989年 AVN 最優秀脚本(ビデオ) 『キャット・ウーマン/けもの技』(マーク・ワイスと共に)[6]
  • 1995年 AVN 最優秀脚本(映画) 『飼われた女』[6]

文献[編集]

ニコラス・バルバーノ Nicolas Barbano 著『Verdens 25 hotteste pornostjerner(世界で最も人気の高い25人のポルノスター)』(デンマーク、ロシナンテ社 1999年 : ISBN 87-7357-961-0) 彼のために章が割かれている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]