リチャード・ストルツマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リチャード・ストルツマンRichard Stoltzman, 1942年 - )はアメリカ合衆国クラリネット奏者。

略歴[編集]

ネブラスカ州オマハ生まれ。父親はアマチュア・ジャズ奏者の鉄道員で、幼少期をサンフランシスコシンシナティに過ごした。オハイオ州立大学より数学と音楽の両方で学位を取得。その後、イェール大学キース・ウィルソンに師事し、音楽学で修士号を取得、その後コロンビア大学の博士課程に在籍した。今では並ぶものの無い名手として知られているが、最初プロ・オーケストラのオーディションを受けたが不合格、ストルツマン以前にはソロのプロ・クラリネット奏者という職業が存在しなかったこともあり、歯医者になるか音楽家になるかこの時期に大いに悩んだという。

バーモント州マールボロ音楽祭でプロの演奏家として活動を始める。1973年には、メシアン世の終わりのための四重奏曲を演奏するためのメンバーを探していたピーター・ゼルキンに誘われ、アイダ・カヴァイフィアンフレッド・シェリーらと共に現代音楽演奏団体「タッシ」の創設メンバーに名を連ねた。なお、同曲については作曲者のメシアン自身から指導を受け、そのときの経験がクラリネット奏者としての成長に重要であったと述懐している。ソリストとして、たくさんのオーケストラと共演しているほか、国際的なジャズ・フェスティバルにも参加し、メル・トーメジョージ・シアリングらと活動をともにしている。 2012年に日本人マリンビスト吉田ミカと結婚。

活動・評価[編集]

おそらく現在のクラシック音楽界では、最も著名なクラリネット奏者で、100以上のオーケストラや多くの室内合奏団との共演のほか、ソロ・リサイタルにも活躍している。レパートリーは幅広く、録音数も多い。モーツァルトブラームスなどの定番のレパートリーのほか、武満徹ジェラルド・フィンジなども録音している。なお武満徹は、「タッシ」のために「カトレーン」(1975年)を、ストルツマンのために「ファンタズマ/カントス」(1991年)を作曲している。

リチャード・グードと共演したブラームスのクラリネット・ソナタの録音(1983年受賞)と、エマニュエル・アックスヨーヨー・マらと共演したブラームスのクラリネット三重奏曲の録音(1996年受賞)により、2度グラミー賞最優秀室内楽演奏賞を獲得している。2005年9月1日にイェール音楽学校()より長年の活躍を称えて表彰されている。

ストルツマンの特徴として、ジャズや、クロスオーバー音楽への積極的な取り組みがあげられる。キース・ジャレットチック・コリアエディ・ゴメスビル・ダグラス()、ゲイリー・バートンジェレミー・ウォールらと共演を重ねている。オペラ・アリアをクラリネットで演奏した「Aria!」バッハをラテン・アメリカ音楽のリズムに乗せてアレンジした「World Beat Bach」など、ユニークな企画のアルバムも多い。アルバム「ニューヨーク・カウンターポイント」では、ジャズとアメリカの現代音楽を特集している。

ストルツマンの奏法は、ダブル・リップ奏法と呼ばれる、やや特殊なものである。上の唇で歯を巻いて楽器を構えるもので、カルメン・オッパーマンから学んだ。楽器を歯でくわえて、固定せず柔らかく構えることから、吹き方が乱暴にならず、より繊細な表現が可能であるという。クロスオーバー音楽のアルバムなどでは、あたかも人間の声のようなビブラートや音色を楽しむことができる。

参考文献[編集]

  • 佐々木節夫「古楽の旗手たち—オリジナル楽器演奏のめざすもの」ISBN 4276201845
(ストルツマンは古楽演奏家ではないが)レコード芸術誌に1991年に掲載されたインタビュー記事が収録されている。

外部リンク[編集]