ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
ビートルズ楽曲
収録アルバム アビイ・ロード
リリース 1969年9月26日
録音 オリンピック・スタジオ
1969年5月6日
アビー・ロード・スタジオ
1969年7月1日 - 8月5日
ジャンル ロック
時間 4分02秒
レーベル アップル・レコードEMI
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
アビイ・ロード 収録曲
A面
  1. カム・トゥゲザー
  2. サムシング
  3. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
  4. オー!ダーリン
  5. オクトパスズ・ガーデン
  6. アイ・ウォント・ユー
B面
  1. ヒア・カムズ・ザ・サン
  2. ビコーズ
  3. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
  4. サン・キング
  5. ミーン・ミスター・マスタード
  6. ポリシーン・パン
  7. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
  8. ゴールデン・スランバーズ
  9. キャリー・ザット・ウェイト
  10. ジ・エンド
  11. ハー・マジェスティー

ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー(You Never Give Me Your Money)は、1969年に発表されたビートルズのアルバム『アビイ・ロード』に収録されたポール・マッカートニー作の曲でここから同アルバムのB面の特徴であるメドレーに入る。

概要[編集]

この曲は、ポールがビートルズが起こした会社アップル・コアが財政難に陥ったことを歌っており、冒頭のくだりには、

  1. 「You never give me your money(お前さんはお金がないという)」
  2. 「You only give me your funny paper(お前さんはへんてこな紙ばかり持ってくる)」
  3. 「And in the middle of negotiations(お前さんは下手な交渉をする)」
  4. 「You break down(そしてお前さんは泣き崩れる)」という切実な場面が登場する。

当時のアップルは、理想からかけ離れたただの会社になり、しかも財政難に喘ぐなど八方塞がりだったことから、ポールも頭を抱えたであろうその気持ちが綴られた曲といえる。

このように重たい内容の曲であるが、冒頭のピアノ・バラード→中程のロッカ・バラード→終間際のオールド・ロックと展開が広がっているせいであまり暗く感じられない不思議な曲でもある。最後にメンバー全員が「1-2-3-4-5-6-7 all good children go to heaven(いい子はみんな天国行き)」と連呼して終わる。

曲の流れが完全にできていなかったために途中で音が途切れていたのだが、カウベルとコオロギの鳴き声のサウンドエフェクトが入り、次曲「サン・キング」へのつなぎとなっている(この音は、ポールが自宅で録音したもの)。

日本では日産・サニーコマーシャルソングに使用されたことがある。